トラック買取安心センター オートスピリット|トラック買取店

ボンゴトラック買取専門店トラック買取安心センター!
ボンゴトラックを売却するなら、まずはご相談ください

買取査定に関するお電話はお気軽にどうぞ|0120-196-552(受付時間 10:00〜20:00)

マツダボンゴ即金買取 素晴らしい高額査定実施中!

お客様から頂いているマツダボンゴのバックオーダー

強化買取中のボンゴ一覧

車名 仕様 荷台形状 年式
マツダボンゴ 低床 ディーゼル ダンプ 1990年
マツダボンゴ 4WD 平ボディ 1991年
マツダボンゴ ワイドロー ディーゼル 高所作業車 1997年
マツダボンゴ シングル ワイドロー 平ボディ 1998年
マツダボンゴ ワイドロー ディーゼルターボ 冷凍冷蔵車 1999年
マツダボンゴ ダブルタイヤ ディーゼルターボ 平ボディ 2000年
車名 仕様 荷台形状 年式
マツダボンゴ キャンピングカー ワイド 2002年
マツダボンゴ ブローニイトラック 4WD 冷蔵冷凍車 1998年
マツダボンゴ ブローニイトラック ロング 平ボディ 2000年
マツダボンゴ ブローニイトラック ワイドロー スチールボディ 1998年
マツダボンゴ ブローニイバン 低床 バン 2008年
マツダボンゴ ワイドロー ロング ディーゼル ブローニイバン 2007年

goo-net運営サイト「グーオク」 顧客満足度第一位

簡単無料査定フォーム

メーカー名 マツダ 車種名 ボンゴ グレード
型式 年式 走行距離
ミッション 燃料 修復歴
お車の色 装備 整備手帳 サンルーフ 本皮シート

お電話でのお申込み0120-196-552

お電話でオペレーターに「車種」「年式」「走行距離」などトラックのお車情報をお伝えください。

マツダボンゴの特徴

マツダが1966年初代ボンゴを発売。ボンゴ(BONGO)とは、マツダが製造・発売しているキャブオーバースタイルのワンボックス商用車ならびに派生車種の乗用車、およびトラックである。商用車用途をメインとしたキャブオーバースタイルのワンボックス車である。
以前はワゴンも販売されていたが、現在はバン、トラックのみの販売となっている。また、後輪小径ダブルタイヤは、このクラスではボンゴ及びボンゴのOEM車のみの設定となっている。扱いやすい5ナンバーサイズのキャブオーバートラック。2470mmの荷長をもつ標準ボディのほか、2735mmのロングボディ車も用意される。最大積載量は前者が0.85t、後者が1t。エンジンは1.8Lのガソリンとディーゼルの2.2Lを用意。ミッションは基本的に5MTのみとなるが、ガソリン1.8L/2WDとディーゼル2.2L/4WDの組み合わせにのみ電子制御4ATを採用している。新開発の衝撃吸収フレームを採用した安全ボディに加え、運転席&助手席SRSエアバッグ、ロードリミッター機構付きシートベルトなどが標準またはオプション設定される。

初代は小型ワンボックスバンとして当時のベストセラーであり、ワンボックスカーの代名詞としてその名を広く浸透させた。かつて、自動車のスタイルの呼称である、ワンボックスカーという名称が一般に定着する以前は「ボンゴ型車」や「ボンゴ車」と呼ばれ、「○×(社名)が出したボンゴの名前は?」と言われたほどである。

3代目と同時に発売されたフォード・スペクトロンをはじめ、OEM供給による数多くの姉妹車(バッジエンジニアリング)が存在する。 トヨタ自動車が2007年7月にタウンエース・ライトエースを受注を一時中断したため、新型が登場するまでの2007年12月までの5ヶ月間は、このクラスの商用車(ワンボックスバン・トラック)の生産はマツダ1社による独占状態となった。(※同期間の当クラスの商用車は、ボンゴ3姉妹(マツダ・ボンゴ、日産・バネット、三菱・デリカ)のみ) 日本国外ではEシリーズとして販売されている。バンは中東や東南アジアのフォードディーラーへもOEM供給され、Jシリーズやエコノバンとして販売されている。これまで含めると「ボンゴ3姉妹」がさらに「ボンゴ4姉妹」になる。 ボンゴブローニィ(BONGO BRAWNY)とは、ボンゴの上位車種で姉妹車。

登場から27年が経過した現在も、マイナーチェンジを重ねながら生産が続けられている長寿モデルである。 車名の由来 ボンゴ(BONGO)とは、英語でアフリカ産カモシカを表す。堂々としたカモシカにたとえて命名 ブローニイ(BRAWNY)とは、英語で「力強い」を表し、ボンゴの上位(重積載)車種として強靭でたくましさをイメージしたサブネーム。

絶版モデルとして以下のモデルがあります。
スペクトロン、J80、J100(販売店オートラマ。マツダがフォードとの提携で設立した日本フォードが展開した販売チャネル、オートラマにOEM供給したモデル) ユーノス・カーゴ(販売店ユーノス。マツダがユーノスブランド戦略を進めていたころのモデル)

海外で人気のマツダボンゴ

マツダボンゴは、その性能と信頼性の高さからとても人気です。マツダボンゴのような商業車は世界各地で強く求められています。2010年のFIFAワールドカップ開催国の南アフリカでは、今回のワールドカップ開催のために大規模なインフラ設備の投資を行い、それに伴って日本からの商業用自動車の輸入が増加したとのことです。サッカー日本代表がオランダと激闘を演じたダーバンスタジアムがあるダーバンは南アフリカ最大規模の外港であります。実は日本から南アフリカはもとより、アフリカ東部の諸国に輸入されるマツダボンゴの多くが、ここダーバン港で陸揚げされます。リーマンショック以降もアフリカはその豊富な地下資源のおかげで経済発展の勢いは止まらずにおり、世界には200を超える国と地域があり、67億人もの人々が生活しています。日本の人口が約1億2千万人ですのでマーケットの規模は55倍です!今後の成長が順調に見込める国はたくさんあります。現在の日本国内では高成長は見込めそうにもありませんが、アフリカ、中国、インドと、これからの世界経済をけん引していく地域では今後も高成長が見込まれます。ある地域が不況でも必ず世界には好景気に沸く地域があるのが実情です。トラック買取安心センターでは、好景気の地域で日本の中古トラック、マツダボンゴを必要としているところに輸出販売していきます。ここにトラック買取安心センターが高く中古マツダボンゴを買取る仕組み、秘けつがあるのです。つまり、IT技術の活用で時間空間を超えた「世界中の買い手」と「日本中の売り手」を接続させるのが最大の強みであり、その技術を活用して世界中を網羅する圧倒的な規模感によって、マツダボンゴの高価買取を実現させています。アフリカを主とする資源輸出国などは、その地下資源の高騰を背景に消費が拡大し、トラックニーズの高まりを見せています。これら 諸国のトラックのニーズは、交通インフラが不完全なことを考えれば、ごく自然なことでしょう。
マツダボンゴは、そもそも品質が高い上に、毎年実施される世界でもまれな「車検制度」によって高水準の品質が維持されているため、世界中でその価値が認められています。トラック買取安心センターはインターネットを活用することにより文字通り世界の隅々まで、トラックのマーケットを拡大させていきます 。

お電話でのお申込み0120-196-552

お電話でオペレーターに「車種」「年式」「走行距離」などトラックのお車情報をお伝えください。

ボンゴ買取店のトラック買取安心センターは、ボンゴの買取専門サイトです。
ボンゴ買取の専門店だからできる高額買取査定にご期待ください!

簡単無料Web査定フォーム