goo-net運営サイト「グーオク」 顧客満足度第一位

Goo-netサービス内のユーザーレビューより、「査定価格」「連絡や対応」「車両引渡し」「おすすめ度」の4項目の評価において、優良買取店舗のランクが決定されます。

特殊車両 特殊用途自動車強化買取一覧

オートスピリットの魅力!!安心即金買取システム

グーオクアワード3期連続NO1の実力で金額面はもちろんのこと、サービスの面でもお客様の期待を超えたご満足をお届けします!
簡単無料査定フォーム
メーカー名 車種名 グレード
型式 年式 走行距離
ミッション 燃料 修復歴
お車の色 装備 整備手帳 サンルーフ 本皮シート

お電話でのお申込み0120-301-645

お電話でオペレーターに「車種」「年式」「走行距離」などキャンピングカーのお車情報をお伝えください。

バックオーダー

ソッキン王だから出来る!!驚きの高額査定!!買取実績

  車名 タイプ 長さ・積載重量 年式 距離
1 三菱キャンター スーパーデッキ 15M・積載荷重800KG 平成10・11・12年 50,000Km以内
2 三菱キャンター アイチ製SH072 7.2M・2人乗・バックカメラ付き 平成16年 50,000Km以内
3 三菱キャンター タダノAT120TG  12M・3人乗・4.5Lディーゼル 平成10年 50,000Km以内
4 いすゞエルフ アイチ製SK150  15M・3人乗り 平成11年 65000Km 
5 いすゞエルフ アイチ製 TZ15A 積載荷重800Kg 平成13年 45000Km
6 いすゞエルフ アイチSK125 200KGバケット・12.5M 平成6年 80000Km
7 日野コンドル タダノ スカイボーイ AT157 平成10年 40000Km
8 ダイハツハイゼットトラック 旋回機能付 4WD 5.5M 280度旋回 平成15年 30000Km
9 日産デュトロ アイチ製SJ12A 12M・3人乗・4.9Lディーゼル 平成8年 70000Km
10 トヨタダイナトラック エスマック製9.9M 9.9M 4.9L 平成17年 10000Km

どうしてソッキン王がキャンピングカーを高く買取できるのか
こちらのバックオーダーは全国からご用命を頂いているキャンピングカー を欲しがっているユーザーさん、もしくは販売協力店の方々からの情報です。 ソッキン王がどうしてあなたのキャンピングカー を高く買取できるかは、こうしたユーザーさんの「旬」の情報を獲得しているからです。 特にこちらの車種については国内のみならず海外にもリセールされており、国内相場だけでなく世界相場の中で価格が決定されていきます。また、社内のレンタカー事業でレンタカーとしても活用される為、非常に高く買取可能となってます。 キャンピングカーの燃費、構造 安全装置、キャンピングカーの中古車価格、キャンピングカー査定についてはキャンピングカー選定、専門買取店のソッキン王 オートスピリットまで。 中古キャンピングカー新型、中古キャンピングカー高価買取、キャンピングカー買取、高価買取中です! 低床タイプ、アーム15M超タイプ、中古キャンピングカー、 キャンピングカー中古、中古軽トラックキャンピングカー、クリーンディーゼル車は大変価値が高く、お求めになっている方がたくさんおります。どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

ラインナップ

フルコンバージョン

通称「フルコン」

「クラスA」または「Aクラス」

ベアシャシー

ベアシャシー

生産国が北米のものは「クラスA」

専用のベアシャシー(フレーム,駆動系、エンジンなどのみ)にキャビンの全てを架装メーカーが製造したもの

キャブコンバージョン

通称「キャブコン」

国産車は「T-ボディ」「トラキャン」など

輸入車は「クラスC」「コーチビルド」など

キャブ付きシャシー

キャブ付シャシー

ロープロフィール

ロープロフィール(キャブの上にバンクベットが無く、全高が低いもの)

生産国が北米のものは「クラスC」

専用のキャブ付シャシー(含む、ピックアップトラック、S.U.V.、および、バン型車をベースにしたもの)にキャビンを架装メーカーが製造したもの

トラベルバンコンバージョン

通称「バンコン」

国産車は「バンコン」など

輸入車は「クラスB」など

ロールーフ

ロールーフ

ハイルーフ

ハイルーフ

ホップアップルーフ

ホップアップルーフ

生産国が北米のものは「クラスB」

バン、ミニバン、ワゴンをベースに架装メーカーが改造したもので、専らキッチン、サニタリーおよび就寝スペースに重点を置いたもの

バスコンバージョン

通称「バスコン」

「バスコン」

「マイクロバスベースキャンパー」

 

バス、マイクロバスをベースに架装メーカーが改造して製造したもの

トラベルトレーナー

「キャンピングトレーラー」

「キャラバントレーラー」

トラベルトレーラー

トラベルトレーラー

フィフスホイール

フィフスホイール

フォールディングトラベルトレーラー

フォールディングトラベルトレーラー

 

けん引装置(ボールヒッチ、フィフスホィール)によって牽引されるシャシー(フレーム、車軸系などのみ)にキャビンを架装し製造したもの

ピックアップキャビン

「トラックキャンパー」

「キャンピングボックス」

「ピックアップシェル」

 

ピックアップトラックの荷台に搭載(脱着可能)するキャビンを架装したもの

パークトレーラー

「モービルホーム」

「パークホーム」

「定置型トレーラー」

 

基本的にトラベルトレーラーと同じだが、より大型で外観は家屋に類似しているもの 但し、床面積が37.16uを超えるものは含まない

カーゴトレーラー

「カーゴトレーラー」

 

けん引装置(ボールヒッチ)によってけん引シャシー(フレーム、車軸系などのみ)にボックスまたは荷台を架装し製造したもの 荷積載を主な目的とする

キャンピングカーの特徴

より安全なキャンピングカーを製造するための、自主基準・規格が設けられました。旅先で、トラブルに遭われた場合でも、同一基準で製造されたキャンピングカーであれば、容易に、トラブルの原因を探し出す事ができ、地域の会員事業者での修理も容易になり、ユーザーの皆さんの負担も軽減できるものと思います。今後、新たに企画されるキャンピングカーには順次、自主基準・規格が導入される予定です。

キャンピングカーの設備・装置等の呼称・定義の明確化

車両のカタログ等に記載されている装備の中で装備名称だけでは、その内容が判断できないものとして、外部電源・走行充電装置が挙げられます。
「この車両には、どの様な電源装置が取り付けられているのか」を消費者の方々に説明する際に、商品名ではない統一呼称を使うことにより、「人によって説明していたものが違う」といったミスを避けるために、各種電源装置の呼称統一・定義付けが明確化されました。

外部電源装置とは、車体に取り付けられた電源取入れ口から取り込んだ外部の電源(日本においてはAC100V)をキャンピングカーの電気設備を作動させるために適した電源(DC12VまたはDC24V)に変換する装置の事です。

サブバッテリー走行充電装置とは、主としてキャンピングカーの電気設備を作動させるために増設したサブバッテリーを走行中に充電する装置になります。

キャンピングカーの歴史

キャンピングカーは法律上の特種用途自動車である必要はない。よって設備が必須かどうかは使用者の判断による。

一般的なキャンピングカーという定義は上記されているように寝泊りするための自動車である。これとは別に、日本では公道走行可能な車両の区分の一つの分類として道路運送車両法において、特種用途自動車という分類中に「キャンピングカー」という車両区分が定められている。あるカテゴリーの車両が、税金など法令上の諸条件の取り扱いを他のカテゴリーと区分して取り扱えるようになっているためのものである。

キャンピングカーが特種用途自動車の一種類として定められたのは、「所有者が日常的に頻繁に使うものではなく常用の車両を別途所有して納税している者がさらに追加で所有する車両である」といった認識から、日常的利用の乗用車や商用車とは税体系が異なる車両とされる免税措置的観点からであった。ところが、1980年代のRV(現代のSUV/ミニバン/ステーションワゴン相当)の流行時に、日常的利用の車両でも「キャンピングカー」として登録できることが一般に知れ渡り、これがRVの販売促進につながったことから、実質的には「特種用途自動車のキャンピングカー」に該当しない車両までもがこれを取得する状況が増加した。多くは単に税負担軽減目的での取得だった。このため、改正された法令が2003年に施行され、より厳密な構造要件が制定され、また排気量別の税体系に変更されたことにより税軽減のメリットは無くなり、先の状況は解消されている。

キャンピングカーの買取・査定のお問い合わせはこちら 他社に負けない金額をご提示いたします!|0120-301-645(受付時間 9:30〜19:30(水曜定休日))

簡単無料査定フォーム

キャンピングカー買取店のソッキン王は、キャンピングカーの買取専門サイトです。
キャンピングカー買取の専門店だからできる高額買取査定にご期待ください!


このページのトップへ