トラック買取安心センター オートスピリット|トラック買取店

ダイナ買取専門店トラック買取安心センター!
ダイナを売却するなら、まずはご相談ください

買取査定に関するお電話はお気軽にどうぞ|0120-196-552(受付時間 10:00〜20:00)

トヨタダイナ即金買取|1番目指して高額査定実施中!

お客様から頂いているトヨタダイナのバックオーダー

強化買取中のダイナ一覧

車名 仕様 荷台形状 年式
トヨタダイナ 積載 3.5t スライドローダー 1989年
トヨタダイナ 低床 ジャストロー ディーゼル 平ボディ 1992年
トヨタダイナ 高床 ディーゼル アルミバン 1993年
トヨタダイナ 高所作業車 高所作業車 1997年
トヨタダイナ シングルジャストロー ディーゼル ダブルキャブ 1999年
トヨタダイナ ドライバン 格納パワーゲート 2000年
車名 仕様 荷台形状 年式
トヨタダイナ 冷蔵冷凍車 冷凍冷蔵車 パワーゲート 2001年
トヨタダイナ 4段クレーン付 セーフティローダー 2002年
トヨタダイナ 1.25t LPG車 幌付き 2003年
トヨタダイナ 3.0t 全低床 平ボディ 2001年
トヨタダイナ フルジャストロー ディーゼル 4.9ワイドロング アルミバン 2005年
トヨタダイナ 高所作業車 標準キャブ 2006年

goo-net運営サイト「グーオク」 顧客満足度第一位

メーカー名 トヨタ 車種名 ダイナ グレード
型式 年式 走行距離
ミッション 燃料 修復歴
お車の色 装備 整備手帳 サンルーフ 本皮シート

お電話でのお申込み0120-196-552

お電話でオペレーターに「車種」「年式」「走行距離」などトラックのお車情報をお伝えください。

トヨタダイナの特徴

ダイナ(DYNA)はトヨタ自動車が製造する小型、普通トラックである。
最大積載量は1t、2tのものだけでなく3tのものも有り、トヨタレンタリースなど、レンタカー業者のラインナップとして、2tのパネルバン、平ボディ、ダンプ、そして最大積載量3tの車載車があるが、2007年6月2日の免許制度改正により、ダイナの一部は新普通免許での運転が不可能になった。3t積みの中には車載車だけでなく、1t車並に短い平ボディも存在する。トヨタレンタリースで新普通免許ドライバーが利用できないのはダイナのT4クラスとなる。

トヨタ自動車は2009年、『ダイナ』、『トヨエース』の2t積系を一部改良して12月1日から発売する。
今回の改良では、NO4C-TJ型ディーゼルエンジン搭載の一部車型について、より低回転で高トルク化を実現したディーゼルエンジン「NO4C-UE型」を新たに採用する。これによって燃費を従来よりも0.9km/リットルアップして10.4km/リットルに向上、2015年度燃費基準を達成した。 2005年基準低排出ガスNOx&PM+10%低減レベルを達成しているため、環境対応車 普及促進税制(エコカー減税)により、自動車取得税と自動車重量税が50%減税される。
TECS(メーカー完成特装車)についても、ベース車と同様の改良を行った。 トヨタ自動車は2010年2月、『ダイナ』と『トヨエース』の2t積系を一部改良し、3月1日から発売すると発表した。
今回の改良では、「NO4C-TJ」型ディーゼルエンジン搭載の一部従来車型で、より低回転で高トルク化を実現した「NO4C-UE」型ディーゼルエンジンを採用するとともに、マニュアルトランスミッションを5速から6速に変更することで、燃費を向上した。
2t積の燃費は従来より0.9km/リットルアップして10.4km/リットル、3t積は0.8km/リットルアップして9.6km/リットルとなり、2015年度燃費基準を達成する。 これにより、2005年基準低排出ガスNOx&PM+10%低減レベルとあわせ、環境対応車普及促進税制により、自動車取得税と自動車重量税が50%減税される。

トヨタダイナの歴史

1999年5月登場。日野との共同開発車となり、日野・デュトロと共通となる。
基本車型は、カーゴ、ダンプ、ルートバンの3種。ルートバンの車体は3世代ぶりに刷新され、Bピラー以降がH100系ハイエースの流用となる。バックドアはこれまでどおり、跳ね上げと観音開きとが選べる。積載量2t以上の車両は日野からのOEM扱いで、平成10年排出ガス規制適合の4B、日野製のS05C、S05D、J05Cの各エンジンを搭載する。当初はディーゼル系のみで、ガソリン・LPGエンジン車は1年遅れて2000年6月にフルモデルチェンジされた。

2001年6月
1t車も遅れてフルモデルチェンジ。ガソリンエンジンは3Yから1RZ-Eに変更された。ディーゼルエンジンは5Lを搭載。

2002年5月30日
2t積系を一部改良(マイナーチェンジ)。フロント周りを一新したほか、車内騒音を低減。また、LPGエンジン車をワイドキャブ車に新設定。TECS(メーカー完成特装車)にはベース車両における一部改良を受けた他、「アルミあおり」の設定を追加した。

2002年9月25日
関東地区の7都県市(埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・横浜市・川崎市・千葉市)及び関西地区の6府県市(大阪府・京都府・兵庫県・大阪市・京都市・神戸市)の低公害車指定制度に適合した低公害車を設定。排気を再循環するEGRシステムやPM低減装置付マフラーを採用した4.9L・S05D型酸化触媒付ディーゼルエンジンを搭載し、排気ガスに含まれる有害物質を低減し、環境性能を高めた。また、東京都が定めるディーゼル車規制条例に適合すると共に、2005年に規制強化されたPM排出基準も先んじてクリアした。なお、PM低減装置付マフラーは同年10月1日より販売店装着オプションに追加され、既に販売された7代目のダイナ・トヨエースの2t積系のS05C型(4.6L)・S05D型(4.9L)・J05C(5.3L)エンジン搭載車にも装着可能となった。

2003年5月26日
2t積系を一部改良。3RZ-FE型(2.7L ガソリンエンジン)、3RZ-FPE型(2.7L LPGエンジン)、1BZ-FPE型(4.1L LPGエンジン)の排出ガスをクリーン化し、平成13年排出ガス規制に適合すると共に、優-低排出ガス認定を取得。また、ガソリンエンジン・LPGエンジン・CNGエンジン搭載車ではオルタネーターの発電力をアップし、3RZ-FE型エンジン搭載車にはAT車が追加された。

2003年7月23日
1t積系を一部改良。ガソリンエンジン車に2.0Lの1TR-FE型を新搭載。出力性能のアップと環境性能(「良-低排出ガス」認定取得)を両立させた。LPG車は燃料制御を高精度化したことで排出ガスがクリーン化され、「優-低排出ガス」認定を取得。また、ガソリンエンジン車のAT車には新たに4車系が追加された。

2003年8月20日
2t積系に日野自動車と共同開発したクリーンディーゼルシステムDPR搭載車を追加。これは、4.0Lの新型ディーゼルエンジン(N04C-TB型及びN04C-TD型)とPMの低減に寄与する新開発触媒が組み合わさったシステムで、日本初となる平成12年基準粒子状物質85%低減レベル達成と「良-低排出ガス」認定を同時に取得。なお、N04C-TB型とN04C-TD型の基本仕様は同一だが、N04C-TD型では過給圧を連続制御するインタークーラー付可変ノズル式ターボチャージャーも搭載される。

2003年9月3日
2t積系に日野HIMRシステムをベースとした「パラレルハイブリッド」方式のハイブリッド車並びにN04C-TA型(4.0L ディーゼルエンジン)と多孔質セラミック構造体とNOx吸蔵還元型三元触媒からなる新開発触媒を組み合わせたクリーンディーゼルシステムDPNR車を設定(DPNR車は同年10月1日から、ハイブリッド車は同年11月1日からそれぞれ販売開始、デュトロのハイブリッド車も同時発売)。いずれも、小型トラックにおいては世界初の仕様である。また、先行で発売されたクリーンディーゼルシステムDPR車にはTECSが追加された。

2004年5月10日
2t積系〜4t積系をマイナーチェンジ。ディーゼルエンジンに日野製のN04C-A型(4.0L)、S05D-D型(4.9L)、J05D-TB型(4.7Lターボ)を新搭載。これにより、2003年に追加された仕様(N04C-TB型、N04C-TD型、N04C-TA型)と合わせ、ディーゼルエンジン車全車が「平成12年基準粒子状物質85%低減レベル(☆☆☆☆)」を達成。また、N04C-TB型及びN04C-TD型エンジン搭載車にはアイシン精機製の6速ATを追加すると共に、ハイブリッド車にはデッキ付を追加。また、4WD車はビスカス式4WDを採用したことで、路面状況に応じ、必要な時のみに四輪駆動させることが可能になった為、旋回性やタイヤの耐摩耗性を向上。また、フロントサスペンションの独立懸架採用で乗り心地を向上させるとともに荷台床面を約90mm低床化した。TECSでは、ベース車のマイナーチェンジに加え、各特装車の装備を充実させた。

2004年7月29日
1t積系を一部改良。ディーゼル車に2.5Lの2KD-FTV型を新搭載。さらに全車には運転席SRSエアバッグが標準装備され、一部タイプを除き、シート表皮も変更された。また、TECSでは、先にマイナーチェンジされた2t積系〜4t積系とほぼ同じ改良を受けた。

2006年9月7日
2-4t積系のディーゼル車をマイナーチェンジ。エンジンを改良型N04C系列に一新した事で、小型トラック初の「低排出ガス重量車(NOx・PM10%低減レベル)」認定を取得。内装ではシフトレバーはAT車はインパネに配置され、MT車は可倒式に変更した。パーキングブレーキも位置を低めにし、可倒式に変更した。外装ではフロントのラジエーターグリルを水平基調に変更した。また、新型シャシーやコイル式独立懸架サスペンションなどを採用したことにより、2007年6月に開始された新運転免許制度における普通免許で運転できる最大積載量3t未満、車両総重量5t未満の車両設定を拡大した。また、同年10月4日にはハイブリッド車もマイナーチェンジされた。2-4t積系ディーゼル車の内装・外装の改良に加え、N04C型ディーゼルエンジンの改良や駆動用モーターの小型・高出力化、インバーターの大容量化、バッテリーの高出力化などを行い、性能を向上。これにより、「低排出ガス重量車(平成17年基準NOx・PM10%低減レベル)」認定取得に加え、小型トラック初の「平成27年度重量車燃費基準」を達成。

2007年5月9日
2-3t積系のディーゼルDPNR搭載車、ガソリン車、LPG車をマイナーチェンジ。ディーゼルDPNR搭載車にも改良型N04Cディーゼルエンジンを搭載した他、ガソリン車には2.7Lの2TR-FE型を搭載したことでLPG車を含め、平成17年(新長期)排出ガス規制に対応。また、ディーゼルDPNR搭載車とLPG車は「低排出ガス重量車(ディーゼルDPNR車は平成17年基準NOx・PM10%低減レベル、LPG車は平成17年基準NOx10%低減レベル)」認定を取得し環境性能を向上した。また、外装・内装も2-4t積系ディーゼル車、ハイブリッド車と同等の改良を受けた他、ガソリン車は新運転免許制度における普通免許で運転できる車種を拡大設定した。

2007年8月21日
1t積系のディーゼル車、ガソリン車を一部改良。ディーゼル車はクリーンディーゼルシステムDPR採用の1KD-FTV型を新搭載。ガソリン車も触媒を改良し、平成17年(新長期)排出ガス規制に対応。また、フロントのラジエータグリルを水平基調に変更。内装では可倒式パーキングブレーキの位置を低めに変更し、作業効率を高めた。また、11月22日にはLPG車も一部改良を受けた。ディーゼル車、ガソリン車の外内装の変更に加え、電子制御式LPG液体噴射方式(EFI-LP)を採用した1TR-FPE型を新搭載。これにより、平成17年(新長期)排出ガス規制に適合すると共に、「低排出ガス認定車(NOx10%低減レベル)」を取得した。

2007年12月17日
2t積系のディーゼル車、ガソリン車を一部改良。動力性能の最適化と高性能触媒DPRを搭載し、「平成27年度重量車燃費基準」を達成したディーゼル車を追加すると共に、エンジンイモビライザーシステムを標準装備した。

2009年3月2日
1t積系を一部改良(同年3月23日より販売開始)。大型サイドターンランプを装備すると共に、ルートバンにはハイマウントストップランプを追加装備し、バックドアを観音開き式に変更した。

2009年7月1日
2t積系を一部改良(同年8月3日より販売開始)。ディーゼルハイブリッド車において、より低回転で高トルク化を実現したディーゼルエンジンの搭載により、燃費を向上。また、全車において灯火器規制対応の大型サイドターンランプを装備した。

2009年11月9日
2t積系を一部改良(同年12月1日より販売開始)。ディーゼル車の内、N04C-TJ型エンジン搭載車の一部車型をN04C-UE型に変更し、燃費を向上。これにより「平成27年度重量車燃費基準」を達成し、環境対応車 普及促進税制に適合した。

2010年2月10日
2t積系を一部改良(同年3月1日より販売開始)。ディーゼル車の内、N04C-TJ型エンジン搭載車の一部車型をN04C-UE型に変更すると共に、マニュアルトランスミッションを6速に変更。これらにより燃費が向上され、「平成27年度燃費基準」を達成。環境対応車 普及促進税制に適合した。 カーゴのディーゼル車以外は4ナンバーである。

海外で人気のトヨタダイナ

トヨタダイナは、その性能と信頼性の高さからとても人気です。トヨタダイナのような商業車は世界各地で強く求められています。2010年のFIFAワールドカップ開催国の南アフリカでは、今回のワールドカップ開催のために大規模なインフラ設備の投資を行い、それに伴って日本からの商業用自動車の輸入が増加したとのことです。サッカー日本代表がオランダと激闘を演じたダーバンスタジアムがあるダーバンは南アフリカ最大規模の外港であります。実は日本から南アフリカはもとより、アフリカ東部の諸国に輸入されるトヨタダイナの多くが、ここダーバン港で陸揚げされます。リーマンショック以降もアフリカはその豊富な地下資源のおかげで経済発展の勢いは止まらずにおり、世界には200を超える国と地域があり、67億人もの人々が生活しています。日本の人口が約1億2千万人ですのでマーケットの規模は55倍です!今後の成長が順調に見込める国はたくさんあります。現在の日本国内では高成長は見込めそうにもありませんが、アフリカ、中国、インドと、これからの世界経済をけん引していく地域では今後も高成長が見込まれます。ある地域が不況でも必ず世界には好景気に沸く地域があるのが実情です。トラック買取安心センターでは、好景気の地域で日本の中古トラック、トヨタダイナを必要としているところに輸出販売していきます。ここにトラック買取安心センターが高く中古トヨタダイナを買取る仕組み、秘けつがあるのです。つまり、IT技術の活用で時間空間を超えた「世界中の買い手」と「日本中の売り手」を接続させるのが最大の強みであり、その技術を活用して世界中を網羅する圧倒的な規模感によって、トヨタダイナの高価買取を実現させています。アフリカを主とする資源輸出国などは、その地下資源の高騰を背景に消費が拡大し、トラックニーズの高まりを見せています。これら 諸国のトラックのニーズは、交通インフラが不完全なことを考えれば、ごく自然なことでしょう。

トヨタダイナは、そもそも品質が高い上に、毎年実施される世界でもまれな「車検制度」によって高水準の品質が維持されているため、世界中でその価値が認められています。トラック買取安心センターはインターネットを活用することにより文字通り世界の隅々まで、トラックのマーケットを拡大させていきます 。

お電話でのお申込み0120-196-552

お電話でオペレーターに「車種」「年式」「走行距離」などトラックのお車情報をお伝えください。

ダイナ買取店のトラック買取安心センターは、ダイナの買取専門サイトです。
ダイナ買取の専門店だからできる高額買取査定にご期待ください!

簡単無料Web査定フォーム