トラック買取安心センター オートスピリット|トラック買取店

フォワード買取専門店トラック買取安心センター!
フォワードを売却するなら、まずはご相談ください

買取査定に関するお電話はお気軽にどうぞ|0120-196-552(受付時間 10:00〜20:00)

いすゞフォワード高額即金買取

お客様から頂いているいすゞフォワードのバックオーダー

強化買取中のフォワード一覧

車名 仕様 荷台形状 年式
いすゞフォワード ユニック3段 タダノ3段クレーン 1976年
いすゞフォワード ワイドロング 深ダンプ 1984年
いすゞフォワード 冷蔵冷凍4t 冷凍冷蔵車 パワーゲート 1991年
いすゞフォワード タンクローリー 4キロタンクローリー 1994年
いすゞフォワード ユニックダンプ ダンプ 1996年
いすゞフォワード 7200 3.2t アルミバン 1999年
車名 仕様 荷台形状 年式
いすゞフォワード 3段ユニックフックインラジコン NOX PM適合車 2000年
いすゞフォワード アルミウイング アルミウイングパワーゲート 2002年
いすゞフォワード ダンプ 強化ダンプ 1999年
いすゞフォワード 深ダンプ 強化ダンプ 2005年
いすゞフォワード 標準ベット付2.9t吊り 4段クレーン付き 2006年
いすゞフォワード 積載 3t アルミブロック 2006年

goo-net運営サイト「グーオク」 顧客満足度第一位

メーカー名 いすゞ 車種名 フォワード グレード
型式 年式 走行距離
ミッション 燃料 修復歴
お車の色 装備 整備手帳 サンルーフ 本皮シート

お電話でのお申込み0120-196-552

お電話でオペレーターに「車種」「年式」「走行距離」などトラックのお車情報をお伝えください。

いすゞフォワードの特徴

フォワード(FORWARD)はいすゞ自動車が製造する中型トラックである。
日本国外ではFシリーズとして発売されており、ゼネラルモーターズでは北米ではGMC・Tシリーズ、南米ではシボレーブランドで発売されている。 初代(1970年-1975年〔Sキャブは1970年-1986年〕) いすゞ自動車は2010年7月8日、中型トラック『フォワード』(圧縮天然ガス自動車)の排気管に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。
対象となるのは、2003年6月6日〜2007年6月28日に製作された322台。 排気管の固定方法が不適切なため、共振振動を起こして排気管のフランジ部に亀裂が入り、排気管が折損し騒音が増大するおそれがある。 全車両、排気管にクランプを追加する。
なお、クランプの追加に伴い、排気管の形状を変更する。 不具合発生件数は3件で、市場からの情報で発見した。事故は起きていない。 本案件は2004年11月にリコール届出を行っていたが、対策内容が不十分だったため、対象を拡大し再度対策を行うもの。

いすゞ自動車株式会社(社長:細井 行、以下いすゞ)は、大型トラック『ギガ』と中型トラック『フォワード』の一部車型を改良し、平成21・22年排出ガス規制(ポスト新長期規制)に適合させ、5月17日より全国一斉に発売を開始いたします。
今回発売する『ギガ』と『フォワード』の投入にあたり、いすゞは、開発コンセプトである『See Technology(シー・テクノロジー)』に基づき、安全技術(Safety)、経済技術(Economy)、環境技術(Environment)の3つの基本性能を柱に、世界で最も厳しい水準の平成21・22年排出ガス規制に対応すると同時に、特に燃費向上と軽量化を徹底して追及した開発を進めました。燃費・積載性能、環境性能の向上を高い次元で両立させ、商用車に求められるニーズの実現を図りました。
今回の改良により、ギガ・フォワードともに平成27年度燃費基準達成車を大幅に拡大し、基準達成車比率を、ギガで99%、フォワードで80%※まで高めました。平成27年度燃費基準達成車は平成21年度税制改正特例措置(エコカー減税)の対象となり、新車購入時の自動車重量税と自動車取得税が減税されます。

2.新型フォワードの主な特長

(1) 運行形態に配慮した環境性能、経済性能の向上
都市内配送と都市間輸送ではお客様のニーズ、車両使用状況が大きく異なるため、都市内配送には、積載性・利便性に優れた新4HK1エンジン搭載車を、都市間輸送には、余裕の動力性能をもたせた上で環境性能と経済性を両立させた6HK1エンジン搭載車を商品展開し、運行形態それぞれの「最適」を目指しました。
(2) 4HK1エンジン搭載車
4HK1エンジンは、主要構造部品を刷新。また、商用車としては国内で初めてとなる2ステージターボ、及び超高圧コモンレール等の採用により、燃焼効率を向上しつつエンジン本体の排出ガス性能を大幅に向上。排ガス後処理装置に新たな触媒を追加することなく、従来のDPDのみでポスト新長期規制に適合しました。
GVW14.5トン車の主力である177kW(240PS)クラスを6HK1-TCN から新規に開発した4HK1-TCHに移行し、軽量化と架装性を向上させました。
(3) 6HK1エンジン搭載車
6HK1搭載車には、DPD+尿素SCRシステムを採用いたしました。
超高圧コモンレール採用等により、低回転でのトルク向上を図り、動力性能と経済性能を両立させました。
(4) ポスト新長期規制適合車の先行投入
GVW12トン以下の主力車型※については、ポスト新長期規制適合車をいち早く市場に投入しました。(※154kW(210PS)、カーゴ系、一部オプションを除く)
(5) その他
GVW12トン超車において、ホイールの取り付けに新・ISO方式を採用し、整備性の向上を図りました。
フォワードジャストンとは、フォワードのシャーシにエルフのキャブを載せたモデル。三菱ふそう・ファイターや日産ディーゼル・コンドルにも同様のモデルが存在した。海外ではNQR/NRR(Nシリーズの一ラインナップ)として発売されている。ベッドレスのため、中小企業のダンプカーやミキサー車、清掃車などが多い。

海外で人気のいすゞフォワード

いすゞフォワードは、その性能と信頼性の高さからとても人気です。いすゞフォワードのような商業車は世界各地で強く求められています。2010年のFIFAワールドカップ開催国の南アフリカでは、今回のワールドカップ開催のために大規模なインフラ設備の投資を行い、それに伴って日本からの商業用自動車の輸入が増加したとのことです。サッカー日本代表がオランダと激闘を演じたダーバンスタジアムがあるダーバンは南アフリカ最大規模の外港であります。実は日本から南アフリカはもとより、アフリカ東部の諸国に輸入されるいすゞフォワードの多くが、ここダーバン港で陸揚げされます。リーマンショック以降もアフリカはその豊富な地下資源のおかげで経済発展の勢いは止まらずにおり、世界には200を超える国と地域があり、67億人もの人々が生活しています。日本の人口が約1億2千万人ですのでマーケットの規模は55倍です!今後の成長が順調に見込める国はたくさんあります。現在の日本国内では高成長は見込めそうにもありませんが、アフリカ、中国、インドと、これからの世界経済をけん引していく地域では今後も高成長が見込まれます。ある地域が不況でも必ず世界には好景気に沸く地域があるのが実情です。トラック買取安心センターでは、好景気の地域で日本の中古トラック、いすゞフォワードを必要としているところに輸出販売していきます。ここにトラック買取安心センターが高く中古いすゞフォワードを買取る仕組み、秘けつがあるのです。つまり、IT技術の活用で時間空間を超えた「世界中の買い手」と「日本中の売り手」を接続させるのが最大の強みであり、その技術を活用して世界中を網羅する圧倒的な規模感によって、いすゞフォワードの高価買取を実現させています。アフリカを主とする資源輸出国などは、その地下資源の高騰を背景に消費が拡大し、トラックニーズの高まりを見せています。これら諸国のトラックのニーズは、交通インフラが不完全なことを考えれば、ごく自然なことでしょう。

いすゞフォワードは、そもそも品質が高い上に、毎年実施される世界でもまれな「車検制度」によって高水準の品質が維持されているため、世界中でその価値が認められています。トラック買取安心センターはインターネットを活用することにより文字通り世界の隅々まで、トラックのマーケットを拡大させていきます 。

お電話でのお申込み0120-196-552

お電話でオペレーターに「車種」「年式」「走行距離」などトラックのお車情報をお伝えください。

フォワード買取店のトラック買取安心センターは、フォワードの買取専門サイトです。
フォワード買取の専門店だからできる高額買取査定にご期待ください!

簡単無料Web査定フォーム