トラック買取安心センター オートスピリット|トラック買取店

ハイゼットトラック買取専門店トラック買取安心センター!
ハイゼットトラックを売却するなら、まずはご相談ください

買取査定に関するお電話はお気軽にどうぞ|0120-196-552(受付時間 10:00〜20:00)

ハイゼットトラック即金買取|高額査定実施中です。

お客様から頂いているダイハツハイゼットのバックオーダー

強化買取中のハイゼット一覧

車名 仕様 荷台形状 年式
ダイハツハイゼット ハイゼットトラック4WD ダンプ 1996年
ダイハツハイゼット ハイゼットトラック4WD 3方開 1999年
ダイハツハイゼット ハイゼットトラック4WD 平ボディ 2000年
ダイハツハイゼット ハイゼットトラック 平ボディ 2001年
ダイハツハイゼット ハイゼットトラック ダンプ 2003年
ダイハツハイゼット ハイゼットトラック 幌付き 積載 2002年
ダイハツハイゼット ハイゼットトラック 平ボディ パワーゲート 2004年
ダイハツハイゼット ハイゼットトラック 冷凍冷蔵車 2002年
車名 仕様 荷台形状 年式
ダイハツハイゼット ハイゼットトラック600スペシャル 3方開 2003年
ダイハツハイゼット ハイゼットトラックスペシャル 4WD 2001年
ダイハツハイゼット ハイゼットトラック660エクストラ アルミウイング 2004年
ダイハツハイゼット ハイゼットトラック パネルバン 2002年
ダイハツハイゼット ハイゼットトラック ローダンプ 2003年
ダイハツハイゼット ハイゼットトラック パワステスペシャル 2006年
ダイハツハイゼット ハイゼットトラック 宅配仕様 2008年

goo-net運営サイト「グーオク」 顧客満足度第一位

メーカー名 ダイハツ 車種名 ハイゼット グレード
型式 年式 走行距離
ミッション 燃料 修復歴
お車の色 装備 整備手帳 サンルーフ 本皮シート

お電話でのお申込み0120-196-552

お電話でオペレーターに「車種」「年式」「走行距離」などトラックのお車情報をお伝えください。

ダイハツハイゼットの特徴

ハイゼット(HIJET)はダイハツ工業の軽貨物車である。
1960年11月に発売され、現在販売されているダイハツ車ではもちろんのこと、現行軽自動車の中でも最も古い歴史(10代49年。2010年(平成22年)6月現在の時点において)を持つ。

初代モデルはボンネットタイプのライトバンとトラックであったが、2代目モデルから、キャブオーバータイプのバンとトラックに変更される(ただし初代のボンネットタイプも併売)。この経緯は他社の軽貨物車にも通ずる。更に9代目モデルのバン改めカーゴからセミキャブタイプに変更され、現在に至る。

車名のスペルが「HIJET」であることから、誤って、あるいは何らかのネタやダジャレとして「ハイジェット」と読まれることがある。綴りがJETなのに読みが「ゼット」である理由は不明。
ハイゼットのバリエーションはとても豊富。早くから電気自動車をラインナップしていることでも知られ、その歴史は1968年(昭和43年)に始まる(9代目モデルまで設定)。現モデルでは、電気自動車に代わり、2010年(平成22年)6月までトヨタ自動車のハイブリッドシステムを一部使用した、ハイゼットカーゴ・ハイブリッドが販売されていた。 ボディーバリエーションも多く、6代目のトラックに設定された、キャビン後方を延長し、スペースを広く取ったハイゼットジャンボや、7代目以降のバンをベースに、リヤの荷室部分をオープンデッキ化したハイゼット・デッキバンなどは、オリジナリティーあふれるモデルとして人気が高い。デッキバンは、実際にバンのホワイトボディーを切断し、手作りで生産されており、届出上は改造車、いわゆる「マル改」となる。この生産方式はリーザスパイダーにも応用された。 介護用のスローパーとリアシートリフト、省エネ仕様の電気自動車、ハイブリッド、CNG仕様、パネルバン、ダンプ、冷凍車、消防車、霊柩車などバリエーションは80種類以上になる。

海外生産は、急激に円高傾向が強まった1985年(昭和60年)頃から、輸出を減らし、現地生産する方針を採った。

イタリア
イタリアでは、ピアジオと組み、1992年(平成4年)11月から2002年(平成14年)2月まで、6代目にあたる、S80系のトラックとバン・ワゴンを生産していた。ダイハツ版は「ハイゼット」、ピアジオ版は「ポーター」の名称であり、1.3Lのガソリンエンジンと、ピアジオ製の1.4Lディーゼルエンジンが選べた。当時、ディーゼルエンジンの設定は、この欧州向けモデルのみであった。生産終了に伴い、ダイハツ・ヨーロッパ有限会社(DAIHATSU EUROPE S.R.L)は、2003年(平成15年)10月に解散した。

韓国
韓国では、亜細亜自動車(現:起亜自動車)により「タウナー」という名称で生産されていた。韓国らしくLPGエンジンがメインで、日本では石油関連の業界団体の猛反発により普及しなかった、LPiも選べる。ガソリンエンジン車は、南米向けに、輸出もされていた。

中国
中華人民共和国では、異なった2系列のハイゼットが生産されている。

天津汽車:
6代目のS65系が「華利」として生産されているが、車名で呼ばれることはほとんど無く、通常は、「TJ」の方が通りが良い。

トラックは「TJ1010」系で、ロングホイールベース版には本格的なダブルキャブ(TJ1010 SL1)が存在する。ワゴンは「TJ6300」系で、標準尺には標準ルーフとハイルーフが、ロングホイールベースにはミッドルーフとハイルーフが設定され、高級グレードの「G」には、非常に派手なメッキのグリルが備わる。 搭載されるエンジンは、同社がシャレードも生産していた関係から、シャレード用のCB型をベースとした、850ccのTN370Q型と、1000ccのTN376Q型となっている。 「TJ6300」系は、他のアジア諸国同様、タクシーとしても使われている。 柳州五菱汽車:こちらは、ゼブラのノックダウン生産で、部品類のほとんどを、インドネシアのアストラ・ダイハツ(ADM)から輸入し、天津汽車のシャレード用CB型、1300ccの476Q型エンジンを縦置きに組み合わせている。 これらの海外生産車には、古くから1000cc版が存在し、さらに、上級車種として「ハイゼット ゼブラ」や、ハイゼット1300が派生した。この末裔にあたるグランマックスは、2008年(平成20年)より日本へ輸入が開始され、同年2月からトヨタ・タウンエース、トヨタ・ライトエースとして販売されている(ダイハツブランドでの販売は無い)。 名前の由来は、高性能を意味する「HI」と、超小型を意味する「MIDGET」をそれぞれ組み合わせた造語であり、ミゼットに対し、より一層の高い性能を備えるクルマという意味合いが込められている

海外で人気のダイハツハイゼット

ダイハツ ハイゼット トラックは、その性能と信頼性の高さからとても人気です。ダイハツ ハイゼット トラックのような商業車は世界各地で強く求められています。2010年のFIFAワールドカップ開催国の南アフリカでは、今回のワールドカップ開催のために大規模なインフラ設備の投資を行い、それに伴って日本からの商業用自動車の輸入が増加したとのことです。サッカー日本代表がオランダと激闘を演じたダーバンスタジアムがあるダーバンは南アフリカ最大規模の外港であります。実は日本から南アフリカはもとより、アフリカ東部の諸国に輸入されるダイハツ ハイゼット トラックの多くが、ここダーバン港で陸揚げされます。リーマンショック以降もアフリカはその豊富な地下資源のおかげで経済発展の勢いは止まらずにおり、世界には200を超える国と地域があり、67億人もの人々が生活しています。日本の人口が約1億2千万人ですのでマーケットの規模は55倍です!今後の成長が順調に見込める国はたくさんあります。現在の日本国内では高成長は見込めそうにもありませんが、アフリカ、中国、インドと、これからの世界経済をけん引していく地域では今後も高成長が見込まれます。ある地域が不況でも必ず世界には好景気に沸く地域があるのが実情です。トラック買取安心センターでは、好景気の地域で日本の中古トラック、ダイハツ ハイゼット トラックを必要としているところに輸出販売していきます。ここにトラック買取安心センターが高く中古ダイハツ ハイゼット トラックを買取る仕組み、秘けつがあるのです。つまり、IT技術の活用で時間空間を超えた「世界中の買い手」と「日本中の売り手」を接続させるのが最大の強みであり、その技術を活用して世界中を網羅する圧倒的な規模感によって、ダイハツ ハイゼット トラックの高価買取を実現させています。アフリカを主とする資源輸出国などは、その地下資源の高騰を背景に消費が拡大し、トラックニーズの高まりを見せています。これら 諸国のトラックのニーズは、交通インフラが不完全なことを考えれば、ごく自然なことでしょう。
ダイハツ ハイゼット トラックは、そもそも品質が高い上に、毎年実施される世界でもまれな「車検制度」によって高水準の品質が維持されているため、世界中でその価値が認められています。トラック買取安心センターはインターネットを活用することにより文字通り世界の隅々まで、トラックのマーケットを拡大させていきます。

お電話でのお申込み0120-196-552

お電話でオペレーターに「車種」「年式」「走行距離」などトラックのお車情報をお伝えください。

ハイゼット買取店のトラック買取安心センターは、ハイゼットの買取専門サイトです。
ハイゼット買取の専門店だからできる高額買取査定にご期待ください!

簡単無料Web査定フォーム