トラック買取安心センター オートスピリット|トラック買取店

クオン買取専門店トラック買取安心センター!
クオンを売却するなら、まずはご相談ください

買取査定に関するお電話はお気軽にどうぞ|0120-196-552(受付時間 10:00〜20:00)

クオン即金買取|Quon"高額査定に自信があります"

お客様から頂いている日産自動車UDクオンのバックオーダー

強化買取中のクオン一覧

車名 仕様 荷台形状 年式
日産自動車UDクオン カーゴ 平ボディ 2004年
日産自動車UDクオン カーゴ アルミウイング 2004年
日産自動車UDクオン ローリー 22tローリー 2005年
日産自動車UDクオン ローリー 25tローリー 2003年
車名 仕様 荷台形状 年式
日産自動車UDクオン ダンプ 22tローリーダンプ 2005年
日産自動車UDクオン ダンプ 2006年
日産自動車UDクオン トラクター 10t荷重 2007年
日産自動車UDクオン トラクター 20t荷重 2008年

goo-net運営サイト「グーオク」 顧客満足度第一位

メーカー名 日産自動車UD 車種名 クオン グレード
型式 年式 走行距離
ミッション 燃料 修復歴
お車の色 装備 整備手帳 サンルーフ 本皮シート

お電話でのお申込み0120-196-552

お電話でオペレーターに「車種」「年式」「走行距離」などトラックのお車情報をお伝えください。

日産自動車UDクオンの特徴

クオン(Quon)は、UDトラックス(2010年1月31日までは日産ディーゼル工業)が2004年から製造販売する大型クラスのトラックである。
ビッグサムの後継として登場した大型トラックで、世界初の尿素SCR触媒を採用し、いち早く平成17年排出ガス規制に適合した。エンジンはV型を廃止して直列6気筒のGE13系とMD92系に統合された。 自社の尿素SCRシステムをFLENDS(フレンズ)と命名し、尿素水であるAdBlueからの触媒でアンモニアを作りNOxと結合することで窒素・水・二酸化炭素に分解するNOx後処理装置を搭載している。
大型トラックで、世界初のSRSニーエアバッグ&ニープロテクタを採用、国内初のラウンドコクピットを採用、マルチアシストシートを助手席に装備、クラス最大級のキャブチルト角度を65°を実現した。クオンはビッグサムの後継型で、ビッグサムから15年ぶりのフルモデルチェンジとなる(発売後約3ヶ月間はビッグサムとの併売であった)。なお、除雪車は日野自動車といすゞ自動車にOEM供給されている。 由来となった「久遠」とは「永久」の同意語で、限りなく続く時の流れを意味する。 2008年までは日産ディーゼルの企業CMが放映されていて、このCMにクオンが登場する(これ以前はクオンとしてのCMが流れていた)。CMはテレビではTVSライオンズアワー(テレ玉 水曜日のみ)で、ラジオでは文化放送ライオンズナイターやNACK5 SUNDAY LIONS(NACK5)でそれぞれ流された。また、日産・デュアリスのCMの最後の方にも登場している。

2004年10月7日
平成17年排出ガス規制対応に向けFLENDS技術の実用化を宣言する。

2004年11月18日 
ビッグサムがフルモデルチェンジして、クオンとなる。(単車系:CD6x2/CG8x4/GVW25tクラス)

2005年5月18日 
6車系151車型をクオンシリーズに追加。 2005年6月1日 除雪車をフルモデルチェンジして追加。

2005年6月30日 
トラクタをフルモデルチェンジして追加。(12車系189車ラインナップ)

2005年10月3日 
グッドデザイン賞を受賞。(ADG-CD4ZA)

2006年2月2日 
日経産業新聞賞(日経優秀製品・サービス賞2005)を受賞。

2006年6月1日 
GKシリーズが重量車燃費基準を達成。

2006年9月26日 
単車系が重量車燃費基準を達成、販売台数の約4割が重量車燃費基準を達成。

2007年1月16日 
トラクタの重量車燃費基準を達成、車種バリエーションの拡大、NDSC(ESP)をオプション設定。

2007年10月10日 
単車系の積載8t-15tクラスに機能を追加。ESCOT-IV ATにクイックシフトライトウェイト機能を搭載、トラフィックアイブレーキ(衝突被害軽減ブレーキシステム)を新規設定、シャーシ重量の軽減、長距離向けAdBlueタンク55Lをオプション設定。

2007年10月 
東風日産ディーゼルでの現地生産が開始され、第40回東京モーターショーに中国向け仕様が出品される[1]。これにより初めて左ハンドル仕様が販売されることになる。

2010年2月
「UDトラックス」への社名変更に伴い、エンブレムなどの意匠を一部変更。

2010年4月20日
マイナーチェンジ。新開発のGHエンジン(単車系はGH11、トラクタ系はGH13)に換装し、ポスト新長期排気ガス規制に適合。また,ホイールを,JIS規格の8スタッドから,ISO規格の10スタッドに変更。 2008年までは日産ディーゼルの企業CMが放映されていて、このCMにクオンが登場する(これ以前はクオンとしてのCMが流れていた)。CMはテレビではTVSライオンズアワー(テレ玉 水曜日のみ)で、ラジオでは文化放送ライオンズナイターやNACK5 SUNDAY LIONS(NACK5)でそれぞれ流された。また、日産・デュアリスのCMの最後の方にも登場している。

海外で人気の日産自動車UDトラックスクオン

UDトラックスクオンは、その性能と信頼性の高さからとても人気です。UDトラックスクオンのような商業車は世界各地で強く求められています。2010年のFIFAワールドカップ開催国の南アフリカでは、今回のワールドカップ開催のために大規模なインフラ設備の投資を行い、それに伴って日本からの商業用自動車の輸入が増加したとのことです。サッカー日本代表がオランダと激闘を演じたダーバンスタジアムがあるダーバンは南アフリカ最大規模の外港であります。実は日本から南アフリカはもとより、アフリカ東部の諸国に輸入されるUDトラックスクオンの多くが、ここダーバン港で陸揚げされます。リーマンショック以降もアフリカはその豊富な地下資源のおかげで経済発展の勢いは止まらずにおり、世界には200を超える国と地域があり、67億人もの人々が生活しています。日本の人口が約1億2千万人ですのでマーケットの規模は55倍です!今後の成長が順調に見込める国はたくさんあります。現在の日本国内では高成長は見込めそうにもありませんが、アフリカ、中国、インドと、これからの世界経済をけん引していく地域では今後も高成長が見込まれます。ある地域が不況でも必ず世界には好景気に沸く地域があるのが実情です。トラック買取安心センターでは、好景気の地域で日本の中古トラック、UDトラックスクオンを必要としているところに輸出販売していきます。ここにトラック買取安心センターが高く中古UDトラックスクオンを買取る仕組み、秘けつがあるのです。つまり、IT技術の活用で時間空間を超えた「世界中の買い手」と「日本中の売り手」を接続させるのが最大の強みであり、その技術を活用して世界中を網羅する圧倒的な規模感によって、UDトラックスクオンの高価買取を実現させています。アフリカを主とする資源輸出国などは、その地下資源の高騰を背景に消費が拡大し、トラックニーズの高まりを見せています。これら 諸国のトラックのニーズは、交通インフラが不完全なことを考えれば、ごく自然なことでしょう。
UDトラックスクオンは、そもそも品質が高い上に、毎年実施される世界でもまれな「車検制度」によって高水準の品質が維持されているため、世界中でその価値が認められています。トラック買取安心センターはインターネットを活用することにより文字通り世界の隅々まで、トラックのマーケットを拡大させていきます。

お電話でのお申込み0120-196-552

お電話でオペレーターに「車種」「年式」「走行距離」などトラックのお車情報をお伝えください。

クオン買取店のトラック買取安心センターは、クオンの買取専門サイトです。
クオン買取の専門店だからできる高額買取査定にご期待ください!

簡単無料Web査定フォーム

"