トラック買取安心センター オートスピリット|トラック買取店

レンジャー買取専門店トラック買取安心センター!
レンジャーを売却するなら、まずはご相談ください

買取査定に関するお電話はお気軽にどうぞ|0120-196-552(受付時間 10:00〜20:00)

驚きの日野レンジャー驚きの高価買取!

お客様から頂いている日野レンジャーのバックオーダー

強化買取中のレンジャー一覧

車名 仕様 荷台形状 年式
日野レンジャー 全低床 ディーゼル ドライバン 1987年
日野レンジャー 全低床 垂直パワーゲート 1993年
日野レンジャー 4段クレーンフックイン ラジコン 平ボディ 1996年
日野レンジャー ワイドプレスパッカー プレスパッカー 1998年
日野レンジャー クルージングレンジャー ウイング ハイグレード 2001年
日野レンジャー 冷凍冷蔵-30℃ 高床 冷凍冷蔵車 パワーゲート 2002年
車名 仕様 荷台形状 年式
日野レンジャー ワイドロング 高床 ディーゼル アルミブロック 2003年
日野レンジャー 8.5t 3軸低床 クレーン付 搬送車 ローダー 2004年
日野レンジャー 3転ダンプ 強化ダンプ 2007年
日野レンジャー 全低床 幌付き アルミウイング 2008年
日野レンジャー ジャストロー ディーゼル 強化ダンプ 2009年
日野レンジャー ワイドロング アルミトラック 2006年

goo-net運営サイト「グーオク」 顧客満足度第一位

メーカー名 日野 車種名 レンジャー グレード
型式 年式 走行距離
ミッション 燃料 修復歴
お車の色 装備 整備手帳 サンルーフ 本皮シート

お電話でのお申込み0120-196-552

お電話でオペレーターに「車種」「年式」「走行距離」などトラックのお車情報をお伝えください。

日野レンジャーの特徴

レンジャー(RANGER)は、日野自動車が製造する中型クラスのトラックである。GVW(車両総重量)8トンクラスからGVW20トンクラスの6x4低床車まで幅広いバリエーションを揃えている。日本国外では500シリーズとして販売されている。
特記事項としてダカール・ラリーへの参戦が挙げられる。 日野自動車創立50周年記念の社内提案がきっかけで1991年の第13回大会に参戦、以降日本車で唯一カミオン(トラック)部門に連続して参戦しており、カマズ(ロシア)やタトラ(チェコ)、ダフ(オランダ)、メルセデス・ベンツ、ウニモグ(ドイツ)等の欧州勢を相手に部門トップ争いを繰り広げている。
ダカール・ラリー仕様のレンジャーは消防車仕様の四輪駆動車「FT」をベースとしており、長さ6.1m×幅2.3m×高さ3.1m、J08Cエンジンの最高出力はターボ付きとはいえ191kW(260PS)と数値的には小柄だが、小柄ならではの取り回しの良さと総重量7tという軽さを武器に大排気量・高出力エンジンを搭載するライバルを脅かすことも多い。
1991年大会の選手の負傷、2010年大会の車両故障によるリタイヤがあるものの、排気量10リットル未満のグループでは上位に入賞することが多く、1997年の第19回大会ではカミオン部門総合トップ3を独占する快挙を達成した。
レンジャーでダカール・ラリーに参戦する日本レーシングマネジメント・チームスガワラの菅原義正選手は1983年の第5回大会から参戦しているベテランで、当初は二輪部門だったが四輪部門を経て、参戦10回目となる1992年の第14回大会でカミオンに転向、2009年大会までは毎回完走を果たしている(四輪部門を含めると1988年の第10回大会から通算18年連続)。2005年の第27回大会からはコ・ドライバーやメカニックとしてダカール・ラリーに参加していた息子の菅原照仁選手もチームスガワラ2号車のドライバーを務め、2009年現在4年連続で親子揃って完走している。
なお1995年の第17回大会からは、全国の日野自動車販売会社からチームのメカニックを選抜してダカール・ラリーに参戦する体制を取っている。

車名の由来 RANGER(レンジャー) 常に進化し、お客様の期待に応え利益をお約束するプロフェッショナルのためのトラックの意である。1964年のレンジャー発売時に、一般公募にて選考された。 SPACE RANGER(スペースレンジャー) SPACE(スペース)には、安全・快適空間、積載効率の高い。宇宙-先進的。仕事の領域を拡大する。これらを意味することから名が付けられた。 RANGER-PRO(レンジャープロ) PRO(プロ)には、PROceed、PROgress(常に進化し)、PROspect(お客様の期待に応える)、PROmise(お客様の利益をお約束する)、PROfessional(プロフェッショナルのためのトラック)という思いが込められている。
トラックとしては珍しいCM広告の打ち方 普通型トラックとしては珍しく芸能人や著名人を起用し、特にクルージングレンジャーのCMでは、ダイアン・レインを起用してそれまでのトラックの武骨なイメージを払拭させる事に貢献している。
桂歌丸・ジャンボ鶴田・佳那晃子・日野皓正(BGM)・宍戸開・ダイアンレイン これらの他にも、レンジャーを5台用意し、子供のナレーションで「1レンジャー!2レンジャー!3レンジャー!4レンジャー!日野レンジャー!!」と『秘密戦隊ゴレンジャー』(NET系列)のパロディをやるCMが存在していた。

初代(1964年-1969年) 1964年にKM300型として登場。発売当初は3.5t積だった。
2代目(1969年-1980年) 1969年 ミケロッティデザインの大型トラック・ZM系と似通ったデザインとなる。1973年 マイナーチェンジ。フロントグリルが変更されたほか、ウインカーランプに小さなライトが追加される。 1976年 マイナーチェンジ。フロントグリルが変更。
3代目(1980年-1989年) 1980年 登場。通称風のレンジャー。昭和54年排出ガス規制適合。 1982年 レンジャーターボU登場。1984年
マイナーチェンジ。昭和58年排出ガス規制適合、ヘッドライトを丸型4灯から角型4灯に変更、助手席セーフティウインドウが装備された。 1986年 マイナーチェンジ。通称レンジャー+5(プラスファイブ)。エンジンワンキー操作が標準装備された。1988年 マイナーチェンジ。通称ONE UP レンジャー+5(プラスファイブ)。グリル周りを白系統に変更。
5代目(2001年-) 2001年 フルモデルチェンジして、レンジャープロとなる。中型トラックでは、初めてバンパー埋め込み型のロアヘッドランプが採用された。また、ヘッドランプ移設したアッパーヘッドランプのキットも特装車用としてレンタカー向けに用意される。当時放映されたCMは、オールCGで描かれロボットが時空を越えてレンジャープロに変形するというものだった。 2002年 低公害車LEタイプ車の設定、グッドデザイン賞を受賞。 2003年 エアサス車の拡大、超低PM車の設定。 2004年 マイナーチェンジ。サブネームを使わずに日野・レンジャーと名乗る。エンジンは直噴コモンレール式インタークーラーターボを全車に搭載。J05D、J07E、J08Eに変更され、超低PM排出85%に認定。FC(ショートキャブ)にハイブリッド車、4WD車に高床仕様の「FT」(消防車仕様のみ)をそれぞれ追加。2005年 新長期排出ガス規制に適合、CNG車の設定。 2006年 全車低排出ガス重量車(排ガス記号BDG-)に認定。 2007年 積載性のある中型免許対応車を新規設定、重量車燃費基準達成車を追加、全車にエンジンイモビライザーとマルチ・インフォメーション・システムを標準装備。 2008年 ハイブリッド車が新長期排出ガス規制に適合、機械式AT(Pro Shift 6)搭載車を追加。

海外で人気の日野レンジャー

日野レンジャーは、その性能と信頼性の高さからとても人気です。日野レンジャーのような商業車は世界各地で強く求められています。2010年のFIFAワールドカップ開催国の南アフリカでは、今回のワールドカップ開催のために大規模なインフラ設備の投資を行い、それに伴って日本からの商業用自動車の輸入が増加したとのことです。サッカー日本代表がオランダと激闘を演じたダーバンスタジアムがあるダーバンは南アフリカ最大規模の外港であります。実は日本から南アフリカはもとより、アフリカ東部の諸国に輸入される日野レンジャーの多くが、ここダーバン港で陸揚げされます。リーマンショック以降もアフリカはその豊富な地下資源のおかげで経済発展の勢いは止まらずにおり、世界には200を超える国と地域があり、67億人もの人々が生活しています。日本の人口が約1億2千万人ですのでマーケットの規模は55倍です!今後の成長が順調に見込める国はたくさんあります。現在の日本国内では高成長は見込めそうにもありませんが、アフリカ、中国、インドと、これからの世界経済をけん引していく地域では今後も高成長が見込まれます。ある地域が不況でも必ず世界には好景気に沸く地域があるのが実情です。トラック買取安心センターでは、好景気の地域で日本の中古トラック、日野レンジャーを必要としているところに輸出販売していきます。ここにトラック買取安心センターが高く中古日野レンジャーを買取る仕組み、秘けつがあるのです。つまり、IT技術の活用で時間空間を超えた「世界中の買い手」と「日本中の売り手」を接続させるのが最大の強みであり、その技術を活用して世界中を網羅する圧倒的な規模感によって、日野レンジャーの高価買取を実現させています。アフリカを主とする資源輸出国などは、その地下資源の高騰を背景に消費が拡大し、トラックニーズの高まりを見せています。これら 諸国のトラックのニーズは、交通インフラが不完全なことを考えれば、ごく自然なことでしょう。
日野レンジャーは、そもそも品質が高い上に、毎年実施される世界でもまれな「車検制度」によって高水準の品質が維持されているため、世界中でその価値が認められています。トラック買取安心センターはインターネットを活用することにより文字通り世界の隅々まで、トラックのマーケットを拡大させていきます。
日野は中型トラック「日野レンジャー」シリーズの4トン積みクラスに、電子制御式フルオートトランスミッション"Pro Shift(プロシフト)6"搭載車を追加設定した。
"Pro Shift6"は、通常のクラッチと6段マニュアルトランスミッションを電子制御により、燃費の良好な範囲内に最適なギアを選択し、自動変速するもの。走行燃費のばらつきを抑えるとともに、クラッチペダル操作がいらない2ペダルでイージードライブを実現した。また、一般の流体クラッチ式オートトランスミッション車に比べ動力伝達ロスが少ないため燃費効率に優れているという。重量車モード燃費値7.30km/Lと、"Pro Shift6"搭載車は重量車燃費基準をに適合している。

お電話でのお申込み0120-196-552

お電話でオペレーターに「車種」「年式」「走行距離」などトラックのお車情報をお伝えください。

レンジャー買取店のトラック買取安心センターは、レンジャーの買取専門サイトです。
レンジャー買取の専門店だからできる高額買取査定にご期待ください!

簡単無料Web査定フォーム