トラック買取安心センター オートスピリット|トラック買取店

タイタン買取専門店トラック買取安心センター!
タイタンを売却するなら、まずはご相談ください

買取査定に関するお電話はお気軽にどうぞ|0120-196-552(受付時間 10:00〜20:00)

マツダタイタン即金買取 驚愕の高額査定実施中!

お客様から頂いているマツダタイタンのバックオーダー

強化買取中のタイタン一覧

車名 仕様 荷台形状 年式
マツダタイタン 3.5t ダンプ 2t 1988年
マツダタイタン 4段クレーン 2.2t クレーン車 1990年
マツダタイタン 低床 ディーゼル 平ボディ 1993年
マツダタイタン ディーゼル ダンプ 1996年
マツダタイタン 高所作業車 9.9M 1997年
マツダタイタン 三転ダンプ ダンプ 1999年
車名 仕様 荷台形状 年式
マツダタイタン 冷凍冷蔵車 冷凍冷蔵車 -35℃ 2003年
マツダタイタン 高床 Wキャブ ディーゼル ダンプ 2004年
マツダタイタン セーフティローダー 3t ラジコン付き 2007年
マツダタイタン ワイドドライバン パワーゲート付き 2008年
マツダタイタン 高床 4WD 強化ダンプ 2009年
マツダタイタン ワイドロー ディーゼルターボ ミドルキャブ 2006年

goo-net運営サイト「グーオク」 顧客満足度第一位

メーカー名 マツダ 車種名 タイタン グレード
型式 年式 走行距離
ミッション 燃料 修復歴
お車の色 装備 整備手帳 サンルーフ 本皮シート

お電話でのお申込み0120-196-552

お電話でオペレーターに「車種」「年式」「走行距離」などトラックのお車情報をお伝えください。

マツダタイタンの特徴

タイタン (TITAN) は1971年からマツダが販売する小型および中型トラックである。
1t-1.5t級ガソリン・LPGエンジンのタイタンダッシュおよび、1.5-4t級ディーゼル車のタイタンが存在する。
かつてのラインナップは全てマツダ独自開発車両で、マツダの本社が存在する府中町の工場で生産されていたが、タイタンダッシュは尾道市のプレス工業に生産を委託し、ディーゼル車は独自開発を止め、いすゞ自動車からエルフのOEM供給を受けている。

2代目タイタンのCMには、手塚治虫原作の鉄腕アトムが起用されており、後輪のマッドガード(泥よけ)にも同様にアトムが描かれていた。
2004年、5代目発表。自社製はタイタンダッシュのみとなり、1.5-4t級ディーゼル仕様が、いすゞ5代目エルフのOEM供給となった。最後の自社製である4代目の1.5〜4t車は僅か4年の生産となった(トラックのモデルライフは通常10年ほどである)。

6代目2006年、フルモデルチェンジ。いすゞ6代目エルフのOEM供給車。

2010年4月マツダ(株)は、「タイタン」の燃料装置(燃料タンク安全弁)及び動力伝達装置(制御ユニット)に不具合が判明したため、車両供給元のいすゞ自動車(株)により国土交通省にリコールを届け出た。
【不具合の内容】
圧縮天然ガス自動車(CNG車)において、
1.燃料タンク安全弁の材質に対して、組立て工場の燃料充填方法が不適切なため、安全弁内部に亀裂が生じる場合がある。そのままの状態で使用を続けると、亀裂が進行し、燃料が漏れる恐れがある。
2.機械式自動変速機のトランスミッション制御ユニットのプログラムが不適切なため、ギヤが切り替わらなくなり、変速レバー位置及びギヤ段表示灯と実際のギヤ位置が不一致になる恐れがある。

マツダは、小型トラック「タイタン」の一部改良を実施し、2009年5月15日に発売する。
タイタンは、いすゞ自動車の「エルフ」のOEM供給を受けて販売する小型トラック。今回の改良で、一部の4WD車を除く3トン積載仕様の標準キャビン車およびミドルキャビン車の燃費を改善し、「平成27年度重量車燃費基準」を達成した。これにより、従来の1.5トン/2トン積載仕様の標準キャビン車/ミドルキャビン車とあわせて、4月1日から施行された「エコカー減税」に適合し、自動車取得税と自動車重量税が50%減税される。 加えて、標準キャビン車でドアサイド下部に方向指示灯を追加したほか、DPD(Diesel Particulate Defuser:ディーゼル・パーティキュレート・ディフューザー)と5速AT「スムーサー」に音声警報機能を追加し、安全性を向上させている。東京地区での価格は、3.0リッターディーゼルターボ/2WD(FR)/標準キャビン/標準ボディー/フルワイドロー/2トン積載/デラックス/木製アオリ仕様車の5速MT車が378万9450円、5速AT車が391万5450円。

海外で人気のマツダタイタン

マツダタイタンは、その性能と信頼性の高さからとても人気です。マツダタイタンのような商業車は世界各地で強く求められています。2010年のFIFAワールドカップ開催国の南アフリカでは、今回のワールドカップ開催のために大規模なインフラ設備の投資を行い、それに伴って日本からの商業用自動車の輸入が増加したとのことです。サッカー日本代表がオランダと激闘を演じたダーバンスタジアムがあるダーバンは南アフリカ最大規模の外港であります。実は日本から南アフリカはもとより、アフリカ東部の諸国に輸入されるマツダタイタンの多くが、ここダーバン港で陸揚げされます。リーマンショック以降もアフリカはその豊富な地下資源のおかげで経済発展の勢いは止まらずにおり、世界には200を超える国と地域があり、67億人もの人々が生活しています。日本の人口が約1億2千万人ですのでマーケットの規模は55倍です!今後の成長が順調に見込める国はたくさんあります。現在の日本国内では高成長は見込めそうにもありませんが、アフリカ、中国、インドと、これからの世界経済をけん引していく地域では今後も高成長が見込まれます。ある地域が不況でも必ず世界には好景気に沸く地域があるのが実情です。トラック買取安心センターでは、好景気の地域で日本の中古トラック、マツダタイタンを必要としているところに輸出販売していきます。ここにトラック買取安心センターが高く中古マツダタイタンを買取る仕組み、秘けつがあるのです。つまり、IT技術の活用で時間空間を超えた「世界中の買い手」と「日本中の売り手」を接続させるのが最大の強みであり、その技術を活用して世界中を網羅する圧倒的な規模感によって、マツダタイタンの高価買取を実現させています。アフリカを主とする資源輸出国などは、その地下資源の高騰を背景に消費が拡大し、トラックニーズの高まりを見せています。これら 諸国のトラックのニーズは、交通インフラが不完全なことを考えれば、ごく自然なことでしょう。
マツダタイタンは、そもそも品質が高い上に、毎年実施される世界でもまれな「車検制度」によって高水準の品質が維持されているため、世界中でその価値が認められています。トラック買取安心センターはインターネットを活用することにより文字通り世界の隅々まで、トラックのマーケットを拡大させていきます。

お電話でのお申込み0120-196-552

お電話でオペレーターに「車種」「年式」「走行距離」などトラックのお車情報をお伝えください。

タイタン買取店のトラック買取安心センターは、タイタンの買取専門サイトです。
タイタン買取の専門店だからできる高額買取査定にご期待ください!

簡単無料Web査定フォーム