特殊車両 特殊用途自動車強化買取一覧

オートスピリットの魅力!!安心即金買取システム

グーオクアワード3期連続NO1の実力で金額面はもちろんのこと、サービスの面でもお客様の期待を超えたご満足をお届けします!
簡単無料査定フォーム
メーカー名 車種名 グレード
型式 年式 走行距離
ミッション 燃料 修復歴
お車の色 装備 整備手帳 サンルーフ 本皮シート

お電話でのお申込み0120-301-645

お電話でオペレーターに「車種」「年式」「走行距離」など特殊用途自動車のお車情報をお伝えください。

バックオーダー

ソッキン王だから出来る!!驚きの高額査定!!買取実績

  車名 グレード 用途 年式 距離
1 三菱キャンター DT−600 穴掘建柱車 平成5年 70,000Km
2 三菱ふそう 4t   散水車 平成10年 65,000Km
3 トヨタハイエースバン 4WD キャンピングカー ベットシンク 平成8年 85,000Km
4 三菱・フルカワ バケット付き ホイールローダー 何年でも可 稼働出来ればOk
5 トヨタグランビア   救急車 平成11年 200,000Km
6 日産シビリアンバス   図書館車 平成2年 300,000Km
7 日産ブルーバード シルフィー 教習車 平成14年 100,000Km
8 三菱キャンター 2t 給水車 2000L 平成19年 10,000Km
9 いすゞエルフ 4.2? パッカー車 新明和工業 平成17年 50,000Km
10 アトラスクレーン付き   レッカー車 タダノ製クレーン 平成18年 30,000Km

どうしてソッキン王が特殊用途自動車を高く買取できるのか
こちらのバックオーダーは全国からご用命を頂いている特殊用途車両 を欲しがっているユーザーさん、もしくは販売協力店の方々からの情報です。 ソッキン王がどうしてあなたの特殊用途車両 を高く買取できるかは、こうしたユーザーさんの「旬」の情報を獲得しているからです。 特にこちらの車種については国内のみならず海外にも輸出されており、国内相場だけでなく世界相場の中で価格が決定されていきます。とりわけ日本国内で値段のつかなくなった車両でも、海外では需要が高く、高値で販売されています。 特殊用途車両の販売買取、特殊用途車両の査定、特殊用途車両中古買取については特殊用途車両専門買取店のクルマ買取ソッキン王まで。 散水車両中古車、パッカー車、ミキサー車、バキュームカー、穴掘建柱車、寝台車中古、給水車、くい打車、コンベア車、ホイールローダー、アームロール車、ウインチ車、コンプレッサー車、教習車、霊柩車、キャンピングカー 高価買取中です! とりわけ移動販売車、事務室車、移動図書館車、高所作業車、冷凍冷蔵車、放送宣伝車、照明車、タンクローリー、寝具乾燥車、ポンプ車、クレーン車、路面清掃車、構内作業車、キャンピング仕様車は大変価値が高く、お求めになっている方がたくさんおります。どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。 現在移動販売車・キャンピングカー・クレーン車ラジコン付き、フックイン・せん孔デリック車高値買取します。お気軽にご相談ください。

ラインナップ

自動車の用途は、自動車の構造や装置により、乗用、乗合、貨物、特種の4用途に区分されている。特種用途自動車(いわゆる8ナンバー車)とは、特種な用途に応じた設備を有する自動車であって、車体の形状として、キャンピング車、救急車等78種類の車体形状があり、その構造要件は、自動車交通局長通達で定められている。 具体的には、パトカーや消防車などの緊急車、街宣車、キャンピングカーなど140種類がある。貨物車でも、特殊な貨物を積むために専用の荷台を装備しているものは8ナンバーとなる。 特種用途自動車には道路維持作業用自動車、医療防疫用自動車、寝台自動車、放送宣伝用自動車、霊柩自動車、冷蔵冷凍自動車、護送自動車、タンク自動車、散水自動車、工作自動車、架線修理自動車、起重機自動車、移動郵便自動車、移動無線車、ふん尿自動車、路上試験用自動車及び教習用自動車、クレーン用台車、活魚運搬車、空港作業者、血液輸送車、高所作業車、コンクリートミキー車、採血車、写真撮影車、照明車、給水車、現金輸送車などがある。

特殊用途自動車の特徴

■構造要件の原則

【特種な設備が占有する面積要件】
特種な設備の占有する面積が、1u以上(軽自動車は0.6u以上)あり、かつ、運転者席(運転者席と並列の座席を含む。)より後方に備えた特種な設備の占有する面積が、運転者席を除く客室の床面積、物品積載設備の床面積及び特種な設備の占有する面積の合計面積の2分の1を超えていること。

【特種な設備の車体等への固定方法】
特種な設備は、ボルト、リベット又は溶接により確実に車体に固定されていること。(両面テープ、針金等による特種な設備の設置は、ここでいう「固定」には該当しない。)

■8ナンバーの長所と短所

8ナンバー車は、乗用車等と比べ、税・保険料が安い(東京都の場合4,300tのキャンピング車を新規購入した場合の諸費用が40万円程度安い) 8ナンバー車の現行の構造要件が抽象的である。 例えばライトバンなら、サイズによって1または4ナンバーになるが、キャンピングカーに改造すると特種用途となって8ナンバーになる。8ナンバーではベース車両(改造する前の車両)が普通車の場合、1ナンバー、3ナンバーに限らずキャンピングカーなら維持費などは同じになる。車検は原則として2年毎(タンクローリーは1年毎)になるため、場合によっては1ナンバー、3ナンバーよりも8ナンバーで登録した方が得な場合が生じる。 実際に8ナンバーを取得するにはキャンピングカー(車検証上は「キャンピング車」)に整備したり、荷室に大口径のスピーカーを積んで「放送宣伝車」、机とパソコンを装備して「事務室車」などに改造すれば8ナンバーが取得できる。8ナンバーの構造用件が改正になり、平成15年4月よりはキャンピング車の登録は、一部の車両を除き登録が不可になった

■「8ナンバー狩り」について

数年前からのRV車ブームが続き、排気量の大きい車の比率が年々高まってきている。ところが、環境への配慮を迫られる結果、排気量の大きい車を減らすため、税金を高くしてきた。これに対して3ナンバー(普通乗用車)から8ナンバー(特殊用途車種)に改造し、税金を軽くする対策を取るユーザーが増えてきた。つまりRV車など今まで乗用車として車検登録していた車を、特殊用途(キャンピングカー・放送宣伝車・事務室車)に改造し、8ナンバーとして車検を通す合法的な税金逃れである。しかも修理工場などで特殊用途に改造し、車検が通った後に元の乗用車の仕様に戻し乗る場合があるが、これは立派な犯罪行為である。このような現状を保険会社も黙認するわけにはいかず、8ナンバーの車両については引き受けを制限し契約前に綿密な調査をしたり、8ナンバーの車を扱わないという保険会社も現れているという。警察と陸運支局は合同で、「8ナンバー検問」を行っている。つまり8ナンバー車を検問で止めて、設備が搭載していなければ反則金を課すものである。

■街中を走る救急車を観察すると…

ほとんどはトヨタのメディカルハイエースです。古い車両はグランビア。救急車市場の約7〜8割をトヨタが占めると言われています。残りの2〜3割は、日産のキャラバン(ホーミー)の救急車仕様です。 しかし、これらハイエースやキャラバン(ホーミー)の中に混ざって、ベンツの1BOX 救急車も見受けられることがあります。 ハイエースでさえ、800万円とも1200万円とも言われています。価格にかなりの開きがあります。輸入台数と輸出台数について、図書館に行って調べてみました。「大蔵省調べ」 による通関実績値として、その記録が残っていました。

特種用途自動車の輸入車というのは実は非常に台数が少なかったんですね。1000台を越えているのは、ここ30年ほどの間では、1979年 (昭和54年)、1980年 (昭和55年)、1987年 (昭和62年)、1988年(昭和63年)の4回しかありません。他の年度ではすべて3ケタですから、1ヶ月あたりに換算すると、わずかに10台〜30台程度・・・ということになります。

■中古特殊用途自動車の関税を引き上げ?日本国内市場の取引価格にも影響?(ロシア)

2009年03月19日 ロシアNIS課

中古の特殊用途自動車の輸入関税が4月4日から9ヵ月間引き上げられる。従来、特殊用途自動車には経過年数による区別がなかったが、今回の変更で新車、中古車という分類が導入され、後者の関税が従量税となる。これは、2009年1月に実施された自動車関税の引き上げに続いて、国内の自動車生産拡大を図る動きとみられる。ロシア向けの輸出が減速すれば、日本国内の中古車市場がだぶつき、取引価格の下落につながる懸念がある。

■特殊車に新車、中古の分類を導入

今回の措置の対象品目は、特殊用途自動車(HSコード8705)に分類されるクレーン車(90トン以上の水圧ジャッキと2つ以上の車軸を持つもの。気温マイナス40度以下の環境下での作業に向けた仕様のもの以外)、消防車、コンクリートミキサー車など。  乗用車やトラックなどと異なり、従来、特殊用途自動車には製造後の経過年数による区別がなかった。しかし今回の措置で、「新車」「中古(製造後3年以上のもの)」という分類が導入され、前者の関税は、15%から25%に引き上げられるコンクリートミキサー車を除いて従来の関税がそのまま適用される。一方、後者はシリンダー容積当たりという従量税に変更され、実質的に大幅に引き上げられる  中古車は1立方センチ当たり4.4ユーロという高関税が課されるため、今回の変更は09年1月12日に施行された自動車関税引き上げ措置(2008年12月17日記事参照)に続いて、政府が国内自動車生産拡大ために中古自動車の排除を狙ったものと考えられる(ジェトロセンサー09年4月号「国内生産拡大へ――政府の自動車産業支援策」参照)。

■日本国内販売価格は半額に

本措置は、金融危機による中古特殊用途自動車の日本からロシアへの輸出減に、さらに追い打ちをかけるとみられる。例えば、4トン、6000cc、最長26メートルまで対応可能な中古の高所作業車(現在、取引価格250万円程度)で試算してみると、現在、関税額は12万5,000円(輸送費、保険料を含まず)だが、本措置導入後は約340万円(1ユーロ=128円で換算)となる。 ジェトロが中古高所作業車の国内販売を手がける日本企業に聞いたところ、08年8月以降、それまで中古高所作業車の需要を牽引していたロシア向けの輸出が急激に落ち込んだことで、市場に出回る中古高所作業車の台数が増え、日本国内の販売価格が従来の半額になったという。今回の措置により、ロシア向け輸出がさらに落ち込むと予想され、また代替輸出先である東南アジアや中東の景気も冷え込んでいるため、国内販売価格の一層の値下がりは免れられないとみる。 また、特殊用途自動車メーカーへの影響も大きいとみられる。業界では新車販売後、3?4年後に顧客から買い戻し、中古市場に卸すビジネス形態があった。これまでは中古車の価格が高水準で維持されていたため、メーカーは新車を薄利多売し、販売台数を伸ばしてきたという。しかし、今後中古市場が飽和することでこうしたビジネス形態は影をひそめ、生産の減少をもたらして、メーカーはより厳しい経営環境に置かれるのではないかという。 なお、ワールドトレードアトラスによると、08年1年間に日本からロシアに輸出された特殊用途自動車は前年比17.7%増の5,994台で、ロシア全体の輸入台数の62.5%を占めた。しかし、08年12月にはロシアでの信用不安やルーブル安の影響もあり、輸出台数は前年同月に比べ53.8%減の450台にとどまった。

特殊用途自動車の歴史

自動車の用途(法的な区分)

特種用途自動車の用途と車体形状について、もっと詳しく述べてみます。車体形状についていろいろと条文を調べてみると、「自動車検査業務等実施要領について(依命通達)」 という条文で触れられていることが分かりました。 これはその名に示される通り、自動車の検査(車検)などについて制定したものです。昭和36年11月25日に初めてその原型が制定・施行されましたが、今日までの改正回数はおびただしく、60回以上にわたっています。ほぼ毎年、いや、それ以上の頻度で改正されていることになります。

その理由は、この条文が単に車検に関することだけではなく、例えばナンバープレートの字体や大きさ、車検証の記載事項、あるいは車体の傾斜安定角度やタイヤ接地部の荷重といった保安基準など、非常に広範囲にわたる条文であることが考えられます。ではこの 「自動車検査業務等実施要領について(依命通達)」 という条文について、詳しく見てみましょう。特種用途自動車(8ナンバー)に関係のある部分を抜粋します。 1995年に改造自動車の届け出が緩和されたことを受けて、1990年代後半から特種用途自動車の保険料や自動車税が安いことを狙い、キャンピングカーや放送宣伝車、事務室車として8ナンバー登録をした後、設備を外して走行する違法な行為が多発した。一部では堂々と改造代行を行うカーショップまで出現し、中にはどう考えても改造に適さないスポーツカータイプの乗用車を放送宣伝車や事務室車に改造して8ナンバーを取得するという事態が発生した。

それを裏付けるように、この3車種の登録台数を見ると、1991年から2000年の間に
キャンピングカー:3万台弱→33万台(11倍)
放送宣伝車:4000台強→6万5000台(14倍)
事務室車:184台→2万台以上(111倍)
と激増し、特に事務室車が100倍以上の伸びを示しているのが目につく。

こうした行為を防ぐため、国土交通省は2001年から特種用途自動車の規制強化を実施、構造要件を厳格化した。なおキャンピングカーについては2003年から新しい規制を適用した。 キャンピングカー(キャンピングトレーラーを含む) ワンボックス車やオフロード四輪駆動車、SUVでは乗用車登録の3・5ナンバーだけでなく、毎年車検を受けなければならない貨物自動車(バン)登録の1・4ナンバー車が車検期間を2年に延長できるメリットを理由に多数実施していた事等から、キャンピングカーへの改造が目立っていたが、新規制では構造要件が厳しくなったことによりキャンピングカーへの改造登録が安易に出来なくなった。特に、調理設備前のフロアには160cm以上の高さの空間が求められるようになった事により、以前は対応可能であったステーションワゴンではかなりの対応改造が必要となる。これにより、現在市販されている新車のキャンピングカーは、トラックベースかバスベースのものが多い。なお登録変更しない場合は旧基準対応のキャンピングキットを装着しても問題はない。

放送宣伝車
登録後や継続検査を受けた後、日常の使用時にスピーカーや放送機材をはずす車が多かったため、車体の外にスピーカーを露出させること、演説用の舞台(固定型演壇)を備えること、車内から放送する空間(放送室)が規定された。

事務室車
乗用車やスポーツ車による違法8ナンバー化の温床となっていたので、出入り口・通路・事務室または教室用の空間に関する規定を設け、乗車用の座席を事務用スペースとして流用できないように定義した。

特殊用途自動車の買取・査定のお問い合わせはこちら 他社に負けない金額をご提示いたします!|0120-301-645(受付時間 10:00〜20:00)

簡単無料査定フォーム

特殊用途自動車買取店のソッキン王は、特殊用途自動車の買取専門サイトです。
特殊用途自動車買取の専門店だからできる高額買取査定にご期待ください!


このページのトップへ