トラック買取安心センター オートスピリット|トラック買取店

トラック買取実績3000台達成!
トラック売却ならトラック買取安心センターへお任せください。

買取査定に関するお電話はお気軽にどうぞ|0120-301-645(受付時間 10:00〜20:00)
キャンターファイタースーパーグレートエルフギガフォワードダイナトヨエースタイタンボンゴデュトロレンジャープロフィアアトラスバネットコンドルクオンハイゼットトラック

goo-net運営サイト「グーオク」 顧客満足度第一位

特殊車両

特殊車両

道路法による一般的制限

道路は一定の構造基準により作られている。そのため「道路法」によって道路を通行する車両の大きさや重さを制限している。この制限を「一般的制限」という。 これらの制限値を超える車両は「特種車両」といい、このような車両が通行するには、許可を受ける必要がある。(道路法第47条1項、車両制限令第3条/車両制限令第2条)

特種車両【特例8車種】

平成15年10月より特殊車両通行許可の上限重量が見直され、特例8車種のトレーラは、GCW(連結総重量)が通行条件付きで最大44tまで許可されるようになった。特例8車種とは、(1)バン型(オープンストップ型を含む)、(2)タンク型(ミキサー車、粉粒体運搬車等を含む)、(3)幌枠型、(4)コンテナ用、(5)自動車の運搬用、(6)あおり型(貨物の落下防止に十分な強度のあおり及び固縛装置が有るもの)、(7)スタンション型(貨物の落下防止に十分な強度のスタンション及び固縛装置が有るもの)、(8)船底型(貨物の落下防止に十分な深さ、強度を有する支え台及び固縛装置が有るもの) 車両の構造が特殊であったり、輸送する貨物が特殊であるため、上記の一般的制限に示す幅、長さ、高さおよび総重量のいずれかの制限値を超える車両を「特殊車両」といい、道路を通行するには特殊車両通行許可が必要となる。特殊車両には車両の構造上によるものと、積載する貨物によるものに大別される。

車両の構造が特殊なもの

トラッククレーン等自走式建設機械など

積載する貨物が特殊なもの

電車の車体、電柱、建設機械、大型発電機など貨物が特殊で分割不可能のため、一般的制限値のいずれかを超える場合。

特殊車両一覧

コンクリートプラント 清掃車 散水車 活魚運搬車(活魚車) 家畜運搬車 粉粒体運搬車(飼料運搬車) マルチリフト 高所作業車 バルク車 穴掘建柱車 バキュカー(吸引車) タンクローリー バキュームダンパー 吸引車 キャンピングカー 木材運搬車 空港荷物運搬車 コンクリートポンプ レスキュー車 消防車 はしご車 高圧洗浄車 ロードスイーパー

お電話でのお申込み0120-301-645

お電話でオペレーターに「車種」「年式」「走行距離」などトラックのお車情報をお伝えください。

トラック買取店のトラック買取安心センターは、トラックの買取専門サイトです。トラック買取の専門店だからできる高額買取査定にご期待ください!

簡単無料Web査定フォーム