トラック買取安心センター オートスピリット|トラック買取店

トラック買取実績3000台達成!
トラック売却ならトラック買取安心センターへお任せください。

買取査定に関するお電話はお気軽にどうぞ|0120-301-645(受付時間 10:00〜20:00)
キャンターファイタースーパーグレートエルフギガフォワードダイナトヨエースタイタンボンゴデュトロレンジャープロフィアアトラスバネットコンドルクオンハイゼットトラック

goo-net運営サイト「グーオク」 顧客満足度第一位

トレーラー

トレーラー

大量輸送、重量物輸送などで、活躍するトラクタ&トレーラ

一般的にシャシ(キャブとフレーム)に架装を搭載したトラックを単車と呼びます。それに対してエンジンを搭載したキャブと、荷台の切り離しができる連結トラックをトラクタ&トレーラと言います。トラクタ&トレーラには、セミトレーラ方式とフルトレーラ方式があります。トレーラはトラクタに牽引されなければ走行できませんが、登録ナンバーがあり自動車として扱われます。

トラクタ&トレーラのメリット

一人の運転手でよりたくさんの荷物が運べる。 同じ量の軽油でよりたくさんの荷物が運べる。 ※単純燃費(km/L)ではなく、燃費効率(km/L×tonまたはK)で単車と比較すると有利。 大型の単車に比べて回転半径が小さい。 ※片側2車線であれば簡単にUターンすることができる。単車では不可能。 運行と荷役を分離できるので、作業の効率化が図れる。 フェリー輸送は、トレーラだけ積めばOK。 ※輸送基地と港の間をフルに往復できる。単車より輸送費が割安。 ドッキング輸送ができる。 ※長距離輸送の場合、中間地点でトレーラだけ交換してUターンできる。 トレーラの寿命はトラクタの2倍。 同じトラクタで、いろいろなトレーラが牽引できる。 ※他のトレーラを用意しておけば、荷動きに応じて違う種類の荷物が運べる。 バントレーラは倉庫として使用できる。 トラクタが故障しても代車のトラクタで走行可能。 トレーラには重量税がかからない。 ※複数のトレーラを1台のトラクタで牽引するときにお得

国内で最も普及しているセミトレーラ方式

トラクタ&トレーラには、二つの方式があります。ひとつはセミトレーラ方式と呼ばれるもので、トラクタヘッド後方のカプラ(連結器)に、トレーラのキングピン(連結器)をかみ合わせて牽引するタイプです。フルトレーラ方式は、牽引用に単車が使用され、ボディ後方のピントルフック(連結器)に、トレーラのルネットアイを引っかけて牽引します。国内では、道路幅などの諸事情からセミトレーラ方式が多く使用されています。

セミトラクタの構造と名称

国内で最も普及しているトレーラ方式。トラクタヘッド単体では荷物が運べませんが、用途に応じた架装を施すことで、さまざまな荷物が運べます。

フルトラクタの構造と名称

単車と同様の荷台付きトラクタヘッドでトレーラを牽引する方式。単車のみでも輸送できるので、車両を幅広く活用できるメリットがあります。主にバン・ウイング系に使用されています。

安全性の確保、道路保全、危険防止を目的に定められた車両の制限要件

トラクタ&トレーラは、単車に比べて車両寸法や最大積載量が大きくなります。そのため運行時の車両の安全性確保や道路保全、交通上の危険を防止する目的で「保安基準」「車両制限令」「道路交通法」といった法規が定められています。

車両寸法と最小回転半径

トラクタ&トレーラの車両の幅と高さ制限は単車と同じです。長さは通行する道路によって違いますが、フルトレーラ連結車の場合、最大で全長18mまで認められています。

車両総重量

トラクタおよびフルトレーラは、単車に比べてはるかに重いため、保安基準、車両制限令によって細かく車両総重量が規定されています。制限は最遠軸距によって規定が異なりますが、隣接軸重と輪荷重は、保安基準、車両制限令ともに共通しています。

お電話でのお申込み0120-301-645

お電話でオペレーターに「車種」「年式」「走行距離」などトラックのお車情報をお伝えください。

トラック買取店のトラック買取安心センターは、トラックの買取専門サイトです。トラック買取の専門店だからできる高額買取査定にご期待ください!

簡単無料Web査定フォーム