トラック買取安心センター オートスピリット|トラック買取店

バネットトラック買取専門店トラック買取安心センター!
バネットトラックを売却するなら、まずはご相談ください

買取査定に関するお電話はお気軽にどうぞ|0120-196-552(受付時間 10:00〜20:00)

あなたのバネットトラック高く買取いたします!

お客様から頂いている日産バネットトラックのバックオーダー

強化買取中のバネットトラック一覧

車名 仕様 荷台形状 年式
日産バネットトラック 1.5 平ボディ 1995年
日産バネットトラック 1.8DX ダブルタイヤ 4WD 平ボディ 1996年
日産バネットトラック 高所作業車 平ボディ ディーゼル 1996年
日産バネットトラック ワイドプレスパッカー プレスパッカー 1997年
日産バネットトラック ロング 冷蔵冷凍車 冷凍冷蔵車 パワーゲート 1998年
日産バネットトラック 幌付き ディーゼル 2000年
車名 仕様 荷台形状 年式
日産バネットトラック ワイド ロング ディーゼル 平ボディ ダブルタイヤ 2000年
日産バネットトラック 高所作業車 nox適合 4WD 2004年
日産バネットトラック スーパーロー 4WD 2007年
日産バネットトラック 全低床 フルジャストロー アルミ 平ボディ 2008年
日産バネットトラック ジャストロー ディーゼル ユニック 2009年
日産バネットトラック ダンプ ディーゼル 4WD ダンプ 2006年

goo-net運営サイト「グーオク」 顧客満足度第一位

メーカー名 日産 車種名 バネットトラック グレード
型式 年式 走行距離
ミッション 燃料 修復歴
お車の色 装備 整備手帳 サンルーフ 本皮シート

お電話でのお申込み0120-196-552

お電話でオペレーターに「車種」「年式」「走行距離」などトラックのお車情報をお伝えください。

日産バネットトラックの特徴

バネット (VANETTE) は日産自動車が発売するワンボックスカー。
商用車のライトバンとトラック、乗用車のコーチがある。

当初は日産自動車の販売チャンネル別に「ダットサンバネット(日産店・ブルーバード販売会社)」、「サニーバネット(サニー店・サニー販売会社)」、「チェリーバネット(チェリー店・チェリー → パルサー → 日産チェリー販売会社)」として乗用・商用モデルが発売されていた。3・4代目はマツダ・ボンゴのOEM車となっている。

名前の由来は、「VAN」と「小さな、可愛い」の意の接尾語「ETTE」の合成語。 車体改造について、以下のような声も上がっている。「バネットならマツダのボンゴと同じ車体使っているバンだから ボンゴの各種キットを使って色々できるよ。 バネットは車幅がないから、幅を広げるような改造も面白いかもね。」

日産 NV200バネットトラック
ビジネスだけでなくデイリーユースやレジャーなど、様々なシーンで幅広く使える小型商用車として登場したNV200バネットトラック。5人乗り(2列シート)だけでなく2人乗り(1列シート)も設定されるなど、広く大きな荷室が実現されている。さらに2人乗り車はメーターモジュール材の床面置きも可能な上、助手席シート下のスペースを活用すれば、3mまでの長尺物も積載できる。エンジンは可変バルブタイミングが採用された1.6L直4DOHCで、109ps/15.5kg-mを発生。組み合わされるミッションは5MTと4ATが用意され、4ATでもロックアップ領域を拡大することでクラストップレベルの14.0km/Lという低燃費を実現。環境対応車普及促進税制に適合している。
C120型「サニーバネット/チェリーバネット」を発表。C20型「サニーキャブ/チェリーキャブ」の後継車種として登場し、ボディタイプはバン・トラックの2種類。それに加えてバンベースの乗用モデル「コーチ」の3本立てのラインナップとなった。デビュー当時のグレード構成は下から「CT(コーチを除く)」、「DX」、「GL」。エンジンは当初A12(CTのみ)とA14の2本立てだった。
初のマイナーチェンジ。ハイルーフとロング(4列シート・10人乗り)を追加。モノリス触媒採用と一部車種にリヤクーラーがオプション設定される。 「ダットサンバネット」が追加され、3姉妹となる。「サニーバネット」「チェリーバネット」は丸型2灯ヘッドランプを採用しているのに対し「ダットサンバネット」は丸型4灯ヘッドランプの採用となっている。 マイナーチェンジでコーチのエンジンがA14からA15に変更。同時に本格的な乗用モデルとなる「コーチSGL」が追加される。「コーチSGL」は他のグレードとの差別化を図るため、角型4灯ヘッドランプが装備された。また、電動サンルーフ仕様「コーチSGLサンルーフ」も設定し、手動サンルーフが定番だった当時の他車に先駆け、画期的な装備となった。回転対座シートの採用もこの「コーチSGL」が初となった。 ディーゼルエンジンのLD20を追加。LD20はそれまでキャラバンとセドリック/グロリアに使われていたSD20、SD22の代替機種であり、それまでの旧態依然としたSD型エンジンに比べ、近代的なエンジンで、ディーゼルながら4500回転まで回り、明らかに性能向上を感じさせるエンジンだった。同時にZ20搭載の「SGX」も追加され、LD20とZ20にはフロアシフトが設定された。 初期型のヘッドライトベゼルと車名の書体は、3車で以下のように異なっていた。

サニーバネット
ヘッドライトの枠は黒。ヘッドライトの間にガーニッシュ。そこに「NISSAN SUNNY-VANETTE」と書かれていた。車名の書体はサンセリフ体。 フロントドアの横にサニーを表す「S」のエンブレム。丸型2灯式ヘッドライト。

チェリーバネット
ヘッドライトの枠はシルバー。ヘッドライトの間に小さく「NISSAN」と書かれたエンブレム。フロントの車名は正面右のヘッドライトの上部に表記。書体はチェリーにも使われた独特の書体。 フロントドアの前寄りに「Cherry」と書かれている。丸型2灯式ヘッドライト。

ダットサンバネット
ヘッドライトの枠は銀メッキ。「NISSAN」と書かれたエンブレムが大きいだけでチェリーバネットと同様。車名の書体はセリフ体。 フロントドアの下に黒いステッカーが貼られ、その後ろ寄りに「DATSUN」と書かれている。丸型4灯式ヘッドライト。 上級派生車種としてC120型「バネットラルゴ」が登場。ベースモデルのバネットに対し車幅を90mm拡大し、エンジンは直列4気筒OHC・Z20型、ディーゼル・LD20型、ディーゼルターボ・LD20T型の3機種を搭載した。 コーチをマイナーチェンジ。インパネの意匠変更がなされ、廉価グレード「コーチFL」が追加される。それまで助手席の足元に設置されていたクーラーがエアコンに昇格し、空調操作パネルがそれまでの旧式タイプ(吹き出し口と外気導入切り替えが同じレバーで、温度調整レバーを手前に引くとファンスイッチとなる)から現代に続くエアミックスタイプに変更された。 同時期にバネットもインパネ・空調がラルゴ同様に統一される。幅の狭さは中央部で調整されている。また、「CT」では4輪ドラムブレーキから、フロントディスクブレーキへグレードアップした。 後期型ではヘッドライトの周囲と車名の書体が各車で統一された。フロントのガーニッシュに車名が書かれているが、サニーバネットは銀地に黒文字、ダットサンバネットはその逆、チェリーバネットは黒地にオレンジの文字となっていた。また、サニーバネットとチェリーバネットではフロントドアの横に「大きく書かれた「V」の下に小さく車名の書かれた」エンブレムが付いていたが、ダットサンバネットではエンブレムがなく、初期型のイメージを継承した。さらにトラックではヘッドライトがガーニッシュの上に干渉するため、「NISSAN」と書かれたステッカーがガーニッシュの上に貼られている。 DX-A仕様車追加。 ガラスサンルーフ仕様の「パノラマルーフ」を追加。前後のサンルーフが繋がっており、前側がチルトアップ式、後側がスライド式で、前が上がり切ってから後ろがスライドするタイプである。この2枚のガラスが連なるタイプを世界で初めて採用したのはバネットであるが、現在ではトヨタ・ハリアーやポルシェの数車種などにしか残っていない。また、パノラマルーフ車はシート地の変更と前後可動式ヘッドレスト(フロントシート)が追加される。 バンのトランスミッション変更。

1985年9月
ラルゴを除いたコーチ・バンの生産を終了。 31533 バネットラルゴ生産終了。

1986年7月
ダットサンバネットトラック発売。

1986年11月
一部改良。駐車灯が廃止される。 トラック生産終了。

海外で人気の日産バネットトラック

日産バネットトラックは、その性能と信頼性の高さからとても人気です。日産バネットトラックのような商業車は世界各地で強く求められています。2010年のFIFAワールドカップ開催国の南アフリカでは、今回のワールドカップ開催のために大規模なインフラ設備の投資を行い、それに伴って日本からの商業用自動車の輸入が増加したとのことです。サッカー日本代表がオランダと激闘を演じたダーバンスタジアムがあるダーバンは南アフリカ最大規模の外港であります。実は日本から南アフリカはもとより、アフリカ東部の諸国に輸入される日産バネットトラックの多くが、ここダーバン港で陸揚げされます。リーマンショック以降もアフリカはその豊富な地下資源のおかげで経済発展の勢いは止まらずにおり、世界には200を超える国と地域があり、67億人もの人々が生活しています。日本の人口が約1億2千万人ですのでマーケットの規模は55倍です!今後の成長が順調に見込める国はたくさんあります。現在の日本国内では高成長は見込めそうにもありませんが、アフリカ、中国、インドと、これからの世界経済をけん引していく地域では今後も高成長が見込まれます。ある地域が不況でも必ず世界には好景気に沸く地域があるのが実情です。トラック買取安心センターでは、好景気の地域で日本の中古トラック、日産バネットトラックを必要としているところに輸出販売していきます。ここにトラック買取安心センターが高く中古日産バネットトラックを買取る仕組み、秘けつがあるのです。つまり、IT技術の活用で時間空間を超えた「世界中の買い手」と「日本中の売り手」を接続させるのが最大の強みであり、その技術を活用して世界中を網羅する圧倒的な規模感によって、日産バネットトラックの高価買取を実現させています。アフリカを主とする資源輸出国などは、その地下資源の高騰を背景に消費が拡大し、トラックニーズの高まりを見せています。これら 諸国のトラックのニーズは、交通インフラが不完全なことを考えれば、ごく自然なことでしょう。
日産バネットトラックは、そもそも品質が高い上に、毎年実施される世界でもまれな「車検制度」によって高水準の品質が維持されているため、世界中でその価値が認められています。トラック買取安心センターはインターネットを活用することにより文字通り世界の隅々まで、トラックのマーケットを拡大させていきます。

お電話でのお申込み0120-196-552

お電話でオペレーターに「車種」「年式」「走行距離」などトラックのお車情報をお伝えください。

バネットトラック買取店のトラック買取安心センターは、バネットトラックの買取専門サイトです。
バネットトラック買取の専門店だからできる高額買取査定にご期待ください!

簡単無料Web査定フォーム